Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アシェット ミニチュアフード 第12号 ガーリックトースト作ったコツや感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」12号

ガーリックトーストを作りました。

 

12号の発売日は5月15日だったので遅れをとっていますが(届くのが遅かったので)

作ってみた感想をお伝えします^^

 

アシェット ミニチュアフード 12号 内容は?

私は定期購読を申し込んでいるので、本当ならちゃんと届かないとおかしいと思うのですが、遅いんですよね~。

まぁ、愚痴は10号に散々書いたので、今回は省略します(ノ∀`)

毎回書いても何なので(笑)

 

 

10号以降は、4号分まとめて届きます。

そのため中身はこんな感じ

どれやねん。ってなるし、

こんなに同じ色ばっかりいらないし。って思うし。

 

でも創刊号で付いてきた絵の具とベーキングパウダーをまだ使っているので、どれでもいいのです。

増えていくばかり。

 

12号に付属されているもの

  • 樹脂粘土
  • アクリル絵の具(うす茶、こげ茶)
  • ベーキングパウダー
  • バスケット

これ、逆じゃないですか?っていつも思う。(本体の色)

絵の具使う時、パッと見うす茶とこげ茶わかりにくいんですよね。

 

あ、また愚痴になってる(笑)

では作っていきますよ~♪

 

スポンサーリンク

ミニチュアフード ガーリックトースト 作り方のコツは?

今回のガーリックトーストは、途中まではバゲット・バタールと同じです。

応用編という感じですね。

 

付属の材料の他に用意するもの

  • アクリル絵の具(黄土、赤茶、緑)
  • ニス
  • 粘土用マットかクリアファイル
  • 粘土スケール
  • 爪楊枝
  • カッター
  • ラップ
  • ヘラ
  • ピンセット

 

作り方の詳細は著作権上省略します。

 

まずはパン生地を作っていきます。

カットしたときの断面に細かな気泡が入るようにするコツは、しっかりこねること。

ということで、いつもより多めにコネコネ。

 

ベーキングパウダーを混ぜて、成形して、クープ(切れ目)を入れます。

 

余談ですが、本物のバゲットを作るとき、このクープを入れるのが難しくて。

いくら学校で習ったとしても(製菓学校卒)現場で新人には絶対やらせてもらえない作業なのです。

一応、元パティシエで元パン職人なんですけど、だからといってミニチュアフードが上手に作れるわけではありません(笑)

遠い昔のことですし・・・(´-`).。oOトオイメ

 

話がそれましたが。

 

成形できたら、レンジで加熱します。

少し膨らみ、粘土が半乾きになります。

レンジを使わない場合は自然乾燥で。(粘土は膨らみません。)

 

レンジ前↓

 

レンジ後↓

チーン

増えた!

ナンデヤネン( ‘д‘⊂彡☆))Д´)

 

膨らみかたはよくわかりませんね。

少しだけプクってなりました。

 

粘土が冷めて硬くなったら、カットします。

粘土のこね方が足りないと、このように穴ができてしまうことがあるようで。

もっとこねた方が良かったのかぁ。

 

着色した生地を作って埋めて修正します。

面倒ですが(笑)

まち針でつついてなじませると書かれていたのですが、面倒だったので歯ブラシで押し付けました(笑)

質感出ていいかな~と思って(ノ∀`)

 

焼き色を付けていきますよ~。

いつも焼き色がうまくいかないので、薄めに!と自分に言い聞かせました。

 

1色目

 

あれ?

2色目3色目の写真がない^^;

撮ったはずなのにな?

 

ということで。

ごぼう・・・??

 

4色目なんてほとんど塗ってないぐらいなのに、なんでこんな濃くなるのか。

いつになったら焼き色うまくなるのでしょう。

 

そして塗りにくかった!

塗ってからカットすれば良かったな~と思いました。

 

パセリをつくります。

以前パセリを作った時に、粉状に削れなくて粒になってしまったんです。

いや、乾燥させてなかったから細かく削れなかったんですけど。

(乾燥を待っていられない)

 

なので、他のものを作った時についでにパセリの元になるものを作っておきました。

緑だけでこんなに黒っぽくなる??

私の鮮やかな緑なんですけど・・・

絵の具が少ない??

 

しっかり乾燥していたので、今回は粉状に削ることができました。

 

ガーリックバターソースを作ってパンの断面に塗り、パセリを乗せて。

完成です!

・・・。

パセリ適当に乗せすぎた。

乗せたというか、パセリの粉に押し付けたというか。

面倒がるとダメですね。

結局、粉状に削れても意味ないし(´Д`)

 

しかもやっぱりパセリの色が明るいし。

 

今回バスケットが付いてきたので、このガーリックトースト入れるのかと思ったんですが

深いからガーリックトーストがおぼれます。

他の作品向けですね。

 

作品に合わせて小物つけてほしい。

(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

約2cmのガーリックトーストです。

何かよくわからない物体ですね(笑)

ごぼうでしかない。

 

スポンサーリンク

アシェット ミニチュアフード 12号 感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」第12号

ガーリックトーストを作りました。

 

もう12回も作っているのに、上手になりませんね。

やっぱり一番の問題は焼き色です。

難しいなぁ~。

 

次回の第13号は5月22日(水)発売

チーズクッペを作ります。

また似たような・・・

 

バゲット(バタール)とかクロワッサン(デニッシュ)の応用とかが多いので、極めろってことでしょうか。

上手く作れないくせに新しいもの作りたがるなってことですよね。

(´・ω・`)ショボーン

 

もう途中まで今回と同じような作り方だったので、同時進行しましたよ(笑)

また書きますね^^

 

 

2 COMMENTS

アバター kama

お疲れ様です‼️
楽しみに読ませて頂いています。
私も定期講読中なのですが…実はまだ1回も作っておりません((( ;゚Д゚)))
しかもミニチュアフード自体、一度も作った事がないと言う…
なのに今日仕事から帰ったら1ヶ月分纏めての17号まで届いておりました…そろそろ止め時かなぁと思いつつ…迷ってます。
ブログ読ませて頂いて…「無理じゃね?」と思ってますが、とりあえず1号にトライしてみようかなぁ…←消極的(笑)

また更新楽しみにしてます♪

返信する
emi emi

コメントありがとうございます!
読んでいただけて嬉しいです^^
我が家にも今日17号まで届いていました。
17号分を目の前にすると圧倒されそうですね( *´艸`)
確かに辞め時は迷いますよね。
私は意地で続けているところがありますが(ノ∀`)
順番に進めなくても作れるので、一番興味があるものからでもぜひトライされてはいかがでしょう♪
私の完成品は参考にはならないので…(笑)
なかなか上達しないのですが、作ること自体は楽しいのです♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください