Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アシェット ミニチュアフード 第16号 フーガスとプレッツェルを作った感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」第16号

フーガスとプレッツェルを作りました!

 

作ってみた感想をお伝えします^^

 

アシェット ミニチュアフード 第16号の内容は?

16号の発売日は6月12日でした。

ちょっと書くのが遅れていますが・・・

 

定期購読は、14号から17号までが15号の発売日に届くことになっています。

 

中身はこんな感じ

 

このくだり、もういらないですか?(笑)

 

届いた経緯は14号に書いています^^

 

 

 

もうすっかり本屋さんでは数が少なくなりましたね~。

創刊号なんてものすごい山盛りあったのに。

今では各号1冊ほどしか置いてないです。

 

16号に付属されているもの

  • 樹脂粘土
  • アクリル絵の具(赤茶、こげ茶)
  • ベーキングパウダー

 

茶系の絵の具、全部で何個になったでしょう。

数えるのも恐ろしい・・・(笑)

絵の具って使用期限あるのかな?

 

スポンサーリンク

ミニチュアフード フーガスとプレッツェルを作ってみた

フーガスとプレッツェル・・・

 

フーガスってなんぞ?

葉っぱの形が特徴で、南フランスプロヴァンス発祥のパンだそうです。

 

プレッツェルはドイツ発祥の焼き菓子ですって。

 

 

こういうシンプルなものの方が、意外と難しかったりするんですよね。

ごまかせないというか。

(ごまかす気かい)

 

付属の材料の他に用意するもの

  • アクリル絵の具(黄土、うす茶)
  • ニス
  • 粘土マットかクリアファイル
  • 粘土スケール
  • プレス器
  • 爪楊枝
  • ラップ
  • ヘラ
  • カッター

 

 

まずは、フーガスの生地から作っていきます。

丸くする気あらへん。

丸めてもどうせまた広げるしって思って(ノ∀`)

 

ベーキングパウダーを混ぜて、成形していきます。

木の葉型にして、切込みをいれていきます。

 

切り込みをキレイに広げられなくて・・・

ちょっと乾いたほうがカッター入れやすいかな?と思いましたが、表面にシワが寄ってしまったり。

 

ガタガタな結果に(´Д`)

 

レンジで加熱します。

少し膨らみ、粘土が半乾きになります。

レンジを使わない場合は自然乾燥で。

 

チーン

あんまり膨らんでいません。

 

もっと表面ツルンとさせたかったなぁ。

でも作り直すの面倒。

 

さて。

焼き色タイムですよ。

今回はごまかしきかないですよ。

 

1色目

なんでこんなムラなん・・・

表面がシワとかガタガタしてるせいです(´Д`)

 

2色目

えーなんか気持ち悪い・・・

マダラの葉っぱ・・・

 

3色目

焦げてるやん(´Д`)

 

4色目のこげ茶はナシ!!

 

ニスを塗ります。

右の、なんかハゲたんやけど・・・

 

ひとまずフーガスの完成です!

約2.5cm

形はまぁまぁ良かったですけど、色がね・・・

(´ε`;)

 

続いてプレッツェルです。

 

伸ばしてクルリンと成形します。

 

うん。

こっちは大丈夫。

(何がや)

 

こちらもレンジで加熱します。

少し膨らみ、粘土が半乾きになります。

 

フーガスと一緒にレンジしました。

 

チーン

 

膨らんだのはわかりません。

膨らむのが目的というより、半乾きにすることが目的なんですかね。

(ベーキングパウダー入れる意味)

 

 

さぁ。

再び焼き色タイムです。

 

といっても、フーガスと同時進行で塗っていきました。

 

1色目

表面ツルっててもムラになってるやん(ヽ´ω`)

 

2色目

ちょっと挽回?

 

3色目

ど、どう??

濃い??

 

4色目のこげ茶はナシ。

 

ニスを塗ります。

どう??どう??

(誰に聞いてるん)

 

バリエーションとして、3種のプレッツェルが書いてありました。

チョコやナッツ、岩塩をトッピング。

 

でも、ちゃんと読んでなかったんですよね。

「くるりと生地をねじったプレッツェル」ってねじり方書いてあったのに。

 

同じのいっぱい作ってしまったので、それにトッピングしました。

 

岩塩

岩塩デカイやろ・・・

 

チョコレート&ナッツ

ごまかしたい方にチョコをかけました(ノ∀`)

 

乾燥したら、プレッツェルの完成です!

どう??

どう??

マシ??

 

盛り方はよくないですけど(ノ∀`)

 

スポンサーリンク

アシェット ミニチュアフード 第16号の感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」第16号

フーガスとプレッツェルを作りました。

 

17号に付属しているパレットに乗せてみました。

 

フーガスの表面がツルンとしてないのが気に入らないですが、プレッツェルはうまくできたかな~と思っています。

 

筆を変えたんですよね。

(言い訳にもなってない)

 

創刊号に付いてきた平筆が、だんだんバサバサになって傷んできて。

私の使い方が悪いのだと思いますが・・・

 

筆先にニスのかたまりも付いてしまったし。

ニスはニス用の筆を使わないといけませんね。

 

この筆一本で何から何まで120号までもつのでしょうか。

あ、絵の具の変わりに筆付けてほしいな(・∀・)

 

次回、第17号の発売日は6月19日(水)

ショソン・オ・ポムを作ります。

リンゴのパイですね^^

 

 

もう作ってあるので、また書きま~す^^

 

 

5 COMMENTS

アバター rin

emiさん、ちょっとお久しぶりの投稿になりました。うまくできて美味しそうですね。私はフーガスの穴の部分が上手くできなくて、ストローを使いました。まだまだ粘土ベラとか道具類を上手に使えなくてうまくできないです。ほんと次回はいつ届くのでしょう。相変わらず3号の付録も届きそうにないです。近くの書店を何軒か探してみましたがもう並んでないです。定期購読でしか買えない?

返信する
emi emi

rinさん
こんばんは。
フーガスの穴、難しいですよね。
なるほど!ストローですか!
次フーガスを作るときにやってみます^^
書店では見かけなくなってきましたね~。
定期購読の人が最後どれぐらい残るんでしょうね。
気になります(ノ∀`)

返信する
アバター rin

emiさん、おはようございます。最近ミニチュアパンからいろいろなものが作りたくて、今はアシェットさんから来ない間は、お弁当やワンプレートなども作って楽しんでいます。楽しいですが、やっぱりパン作りが一番楽しいかも・・・・なんて思ってますが、最後まで続ける自信はないです(;´Д`)どのくらいの人が最後まで続くのでしょう。プレミアムにしている人は続けないと、余分に払ったお金無駄になりますよね~絶対返金されそうにないですよね。

返信する
emi emi

rinさん
こんにちは。
お弁当やワンプレートいいですね♪
パンより細かそうですが楽しそうです^^
私はスイーツしかつくったことありませんが、フード系や器類も作ってみたいなぁとは思っています。
プレミアムの場合、余分は返金されないようですね。
そこがひっかかって私はプレミアムにしませんでした^^;

返信する
アバター rin

私も、最後まで続ける自信がなかったので、プレミアムにはしませんでした。いい加減な会社なので、ほんとしなくて良かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください