Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アシェット ミニチュアフード5号 バゲットとバタールの作り方コツは?

 

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」第5号が届きました。

 

今回は、バゲットバタールを作ります。

作ってみたコツや感想をお伝えします^^

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフード 第5号の内容は?

「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」第5号は3月27日発売でした。

 

定期購読を申し込んでいるのですが、かなり遅れて届きました^^;

アシェット 定期購読が届かない!いつ届く?評判や口コミは悪いのか調べてみた

 

 

第5号は、バゲットとバタールです。

 

“定期購読版”なので、4号と5号がまとめて届きました。

中身はこんな感じ。

 

5号で使うもの

  • 樹脂粘土(短い方)
  • アクリル絵の具(黄土、赤茶)
  • ベーキングパウダー
  • ベビーパウダー
  • プレート

 

付属の小物アイテムとしてプレートも付いています。

 

では、さっそく作っていきましょう~^^

 

スポンサーリンク

バゲットとバタール作り方のコツは?

バゲットとバタールの違いって知っていますか?

使っている生地は同じですが、長さが違い、クープ(切れ目)の数も違います。

バタールはフランス語で「中間」という意味です。

 

さらに詳しい“こぼれ話”も載っていますよ^^

 

付属の材料の他に用意するもの

  • 粘土マット またはクリアファイル
  • 粘土スケール
  • カッターナイフ
  • デザインナイフ
  • 定規
  • 爪楊枝
  • ラップ
  • 絵の具(うす茶、こげ茶)
  • ニス
  • ピンセット

 

作り方の詳細は著作権上書くことができないので省略します。

 

まずは、生地作りから。

 

粘土を着色して成形します。

クープ(表面の切れ目)を入れるのにデザインナイフを使いますが、カッターナイフでも代用できます。

 

バゲットもバタールも、形が違うだけで作り方は同じです。

ひとまず成形完成!

これを電子レンジで加熱します。

ベーキングパウダーが入っているので、少し膨らみ、粘土が半乾きになります。

加熱させず自然乾燥でもいいですが粘土は膨らみません。

 

チ~ン

あ、しまった!

バタール(短い方)にベーキングパウダー入れるの忘れた!

 

でもあんまり膨らんだかわかりませんね(笑)

実物のバゲットは少し膨らんでいました。

 

そして膨らんだ影響で裏側がヒビ割れていて

これはこれでリアルかな。

 

量産しました。

(オマケ付き)

ちょっと先を尖らせすぎました。

 

焼き色を付けていきます。

1色目

2色目

おぉ~。

それっぽくなってきましたよ。

 

3色目

かなりこんがり!!

 

焼き色を濃くつけるポイントも書かれていますが、絵の具の調節が難しいですね。

 

粉をつけて仕上げます。

完成!

 

バゲットとバタールが焼き上がりました。

パリっというより、ポリっという音が合いそうな・・・(笑)

 

バゲット 約9cm

バタール 約6cm

 

付属のプレートはバゲットは似合わないので・・・

4号のカシスケーキを乗せ

 

バゲットとバタールは、定期購読の特典でついてきた小物に乗せました。

 

あ、こうすると美味しそうかも( *´艸`)

 

スポンサーリンク

樹脂粘土でつくるミニチュアフード 第5号の感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード

第5号 バゲットバタールを作りました。

 

パン生地の成形自体は簡単だったのですが(尖りすぎたけど)、焼き色が難しかったです。

焼き色、苦手~。

 

今回はマグネットのアレンジ方法が載っていました。

バゲットのマグネット、可愛いかも。

 

第6号の発売日は4月3日(水)

クロックマダムをつくります。

目玉焼き作るんですね!

楽しそう♪

 

また作ったら書きますね^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください