アシェット ミニチュアフード 第87号カレーパンを作ってみた感想

アシェット・コレクションズ・ジャパン「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」

第87号はカレーパンです。

 

こういう定番のパンが最初の頃にきてくれたら良かったのに・・・(笑)

もうすぐ90号になりますけど、まだ定番のもので来てないのありますもんね。

コロネとか。

↑こればっかり言ってますけど(ノ∀`)

 

今回はカレーパンを作りました^^

 

アシェット ミニチュアフード 第87号の内容は?

87号の発売日は10月21日(水)でした。

定期購読なので86号から89号までまとめて届いています。

届いた経緯は86号で。

 

・・・86号はだいぶヒドイ出来上がりですよ(笑)

 

 

今回の中身はこんな感じ。

87号に付属しているもの

  • 樹脂粘土
  • アクリル絵の具(黄土・黄)
  • ニス

 

えっと今回は付属品で言うことは特に何もないです(笑)

たまには前置き短くいきましょう。

(いつも長すぎる)

 

スポンサーリンク

ミニチュアフード カレーパンを作ってみた

今回つくるカレーパンは3種類。

基本のカレーパン、半熟玉子入り、チーズ入り。

クリームパンのときみたいに、カットして中身を見せます。

 

まずはアンコをつくります。

アンコってあのアンコじゃないです。(どの)

詰め物のことです。

(このくだり毎回言ってる)

アンコ作りも少しずつうまくなってきた気がする。

 

パン生地をつくります。

ちょっと色薄かった。

 

伸ばして

 

アンコを乗せて

 

包みます。

え。

なにこの形。

 

このやり方いつもやりにくくて・・・

アンコ包んで丸めてから成形しました。

でも多分、アンコは真ん中にいないでしょう。

あ、左2つはアンコなしです。

カットしないバージョンはアンコいらんやろと。

 

少し残った粘土で次号のためのアーモンド用かたまりを作っておきました。

 

焼き色をつけます。

衣つけるからテキトーで。

 

衣をつくります。

衣?パン粉。

着色した粘土を乾燥させてから削るんですけど、何かの乾燥した粘土の残りをおろし金で削りました。

これは食パンの失敗作を使って。

削ってて、何かすごくフワフワした細かい粉になるなーと思ったら。

食パンはベーキングパウダー入ってるからか。ということに気が付き。知らんけど。

飛び散るのでティッシュの上です。

簡単に捨てられるし。

 

接着剤でパン粉をつけます。

雑すぎ。

ピンセットでなんてつけてられません。

 

でもやっぱりパン粉っぽくなかったかなー。

細かいなー。

 

削るだけでも手が疲労。

たまに粗いのも混ぜました。

これ絶対、焼き色つけたらパン粉つぶれるやろな。

 

ということで焼き色をつけました。

意外と揚げ物っぽくなりましたね!

揚げすぎやけど。

水分でちょっとパン粉が潰れたけど。

もうちょっとパン粉が粗くてもよかったけど。

 

半分にカットします。

ブレブレ。

粘土が柔らかくてつぶれました。

 

中はこんな感じ。

ヒドイ。

 

これを整えます。

生地の色が薄かったですね。

 

3種類分できました。

 

具材を用意しますよ。

肉とニンジン。

肉は72号のティラミスのココアパウダー参照

ニンジンは83号のブーシェ・ア・ラ・レーヌ参照(←この名前やっぱり覚えられてなかった 笑)

 

もうすでにこれらの塊があったので、それを使います。

薄い色と濃い色どっちがいいかな。

だーいぶ前にクラフトパンチで抜いた星型がニンジン色だったので。

 

カレーをつくります。

乾燥したら色が濃くなるので薄めにっていうけど、いつも薄すぎるんですよね。

テキストの色ぐらいにしてうまくいったことない(笑)

なので思うより濃い目にしてみました。

 

パンに詰めます。

こういうのすぐやらかすから最初から割り箸の作業台に乗せてみました。

でも結局剥がれて転がって手にベチャァつきましたけどね(●`ε´●)←自分が悪い

 

具材を入れます。

お肉の存在感なくなるで。

 

人参もあんまり見えへんで。

もうちょっと生地を薄めにして中身を広く入れたら良かった。

乾燥したらカサが減るので多めに。

パンをちょっと潰してムニュッと出したりしました。

 

基本のカットカレーパンはこんなもんで。

表面にニスを塗って乾燥させます。

それも絶対にベチャってやると思うんで、ある程度カレーが乾燥してからニスを塗りました。

 

半熟玉子入りカレーパンを仕上げます。

たまご。

え。

なにこれ。

 

これ書いてあるのよくわからなかったんですけど、丸めたそのままを入れるん?

でも埋め込んだのカットしてるように見えるんですけどね。

しかも「もう片方の生地にも」って丸いの2個入れたらたまご2個入ってることになるやん?

とか。

 

黄身を塗ります。

うわあ。

カレーと同化して(´Д`)

乾燥したら玉子っぽくなってくれるかな。

これも表面にニスを塗って乾燥させます。

 

チーズインカレーパンを仕上げます。

(「チーズ入り」じゃないんや。)

写真撮るの忘れました。

ま、たいしたことはありません(笑)

 

これ、粘土溶かしてチーズつくるのが面倒だったので、最初につくった次回用のアーモンドをちょろっと拝借(ノ∀`)

まだ少し柔らかかったので、グチャッと変形させて詰め込みました。

雑すぎ。

これも表面にニスを塗って乾燥させます。

 

3種類(4種類?)のカレーパン完成です!

カットしたやつは細かくて転がるのがイーッとなるので接着剤でくっつけました。

 

サイズ約1.5cm

この色のパンにこの色の背景はおかしいやろ。

 

カレーがまぁ良い色になりました。

星型ニンジンかわいくないですか( *´艸`)

 

ちょっとカレーがサラッとしすぎたのかな。

もうちょっとぽってりしてても良かったですね。

 

半熟玉子入りはこんなん。

えええ(´Д`)

カレー色に染まった玉子やん。

まったく半熟玉子じゃない。

 

チーズ入りはこんなん。

えええ(´Д`)

豆腐?

どこがチーズやねん。

 

今回のア・ラ・カルトはカッティングボードです。

材料↓

「3mm厚のバルサ材」

ないわ。バルサ材ってなんぞ。

「タコ糸」

ないわ。

終了。

 

カッティングボードつくれたらすごいけど、そんなめんどくさいことできん(笑)

好きな形でつくりたいですけどね。

 

「付属のカッティングボードいつも同じ形ばっかり」って言ったからかな(ノ∀`)

じゃあ自分でつくれーヽ(`Д´)ノ

ってなったんやったらどうしよ。

 

テキストみたいにラッピングペーパーで包んでみました。

茶色いなー。

まったく映えへん(´・ω・`)

(背景が悪いんやと思うで。)

 

スポンサーリンク

アシェット ミニチュアフード 第87号の感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」

第87号のカレーパンを作りました。

 

普通のカレーパンはまだマシですけど、半熟玉子入りとチーズ入りがヒドイですね。

何が入ってるか言われないとわからん。

言われてもわからん。

何も入れないほうが良かった(ノД`)

 

カレーパンは前にmiroomのレッスンでつくりました。

左:アシェット(今回の)

右:ミルーム

 

大きさが全然ちがいますけどね。

アシェットはこんな小さい。

 

ミルームのはこれぐらい。

 

MIROOMについてはこちらに書いています。

7日間無料体験もできますよ♪

私は「招待コード」を使って1ヶ月無料体験後、継続中です。

(上の記事に招待コードも記載しています。)

 

Instagramにミルームで作ったものも載せてます^^

よろしければお立ち寄りくださいませ。

 

大きめの作ってからアシェットの作ると小さすぎてビックリします(ノ∀`)

でもどっちも楽しいです♪

 

次回、第88号の発売日は10月28日(水)

フロランタンをつくります。

 

フロランタンってあの硬いやつ。

(どんな説明。)

 

またもや茶色いと思ってしまいましたけど(笑)

焼き物はしょうがない。

(焼き物って。器か。)

 

いくらカラフルでも前回みたいになるなら茶色でいいや(ノ∀`)

 

ではまた書きますね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください