Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アシェット ミニチュアフード2号 セサミベーグル・シナモンロールの作り方コツは?

 

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード第2号が3月6日に発売。

私は定期購読を申し込んだので自宅に届きました。

 

今回は、セサミベーグルとシナモンロールです。

さっそく作ってみたので、コツや感想などをお伝えします^^

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフード 第2号の内容は?

2月20日に創刊された「樹脂粘土でつくるミニチュアフード

必要な材料が一緒に入っているので、すぐにミニチュアフード作りを始めることができます。

 

本についての詳細はコチラをご覧ください。

アシェット ミニチュアフード 全巻で総額の値段は?監修 関口真優とは?

 

 

私は定期購読を申し込んだので、第2号が自宅に届きました!

 

定期購読を申し込むと、プレゼントがもらえます。

特典1のツールセットが一緒に入っていました。

 

  • ピンセット
  • モデラ(ヘラ)
  • プレス器
  • 手芸用クラフトボンド

 

3月12日(火)までに申し込むと特典がついてくるようですよ。

期間延長されたのですね。

 

定期購読についてもコチラにまとめてあるので、是非ご覧ください^^

アシェット ミニチュアフード 全巻で総額の値段は?

 

創刊号はクロワッサンをつくりました。

樹脂粘土でつくるミニチュアフード クロワッサンの作り方やコツは?

 

 

第2号は、セサミベーグルシナモンロールです。

 

 

創刊号は299円でしたが、2号からは999円です。

 

必要な材料は全て入っています。

 

  • 樹脂粘土
  • アクリル絵の具(2色)
  • ニス
  • ベビーパウダー
  • ブラウンパウダー
  • ベーキングパウダー
  • ディスプレイ用カゴ

 

これを使って、さっそく作っていきましょう^^

 

スポンサーリンク

ミニチュアフード第2号 作り方のコツは?

今回は、セサミベーグルとシナモンロールです。

前回のクロワッサンより、少しレベルアップしているようですよ!

 

付属の材料の他に用意するもの

私は 前回同様、粘土用マットではなくクリアファイルの上で作業しました。

創刊号に付属していた筆と絵の具と粘土スケールも使います。

プレス器がない場合は、粘土スケールで代用できます。

爪楊枝とラップは必須です!

 

前回も書いたのですが、私なズボラなので(笑)

絵の具を使う時パレットではなく、ラップの上や、使い捨ての小皿などに出しています。

そうすると、洗わなくてすむのでね(ノ∀`)

 

セサミベーグル

まずは、セサミベーグルを作ります。

 

※作り方の詳細は書けないので省略します。(著作権の関係)

 

何を作るにも共通なのですが、粘土に着色するときの注意点。

乾燥すると色が濃くなるので、イメージよりも薄く着色しましょう。

こんな感じかな?

 

ベーキングパウダーを入れるときに、前回は適当に入れた のですが

今回は定期購読の特典のモデラ(ヘラ)を使うことができました。

でも2杯分って書いてあっても適当ですけどね(笑)

 

 

できました!

サイズは2cm弱です。

何か形が気に入らない(笑)

 

作ってる間に粘土が乾いてきてしまったせいで

シワがよってます。

 

普通に作っていれば、そんなに乾いてくることはないはずです。

私は写真を撮ったりしていたのと、最大の原因は別にあると思っています^^;

 

実は、前回クロワッサンを作った時の粘土がまだ残っていたので

それを使ったんですよね。

しっかり保存していたのですが、それでも未開封の粘土とは違います。

みずみずしさがないというか。

(乾燥した場合、少し水を足したらマシにはなります。)

 

やっぱり開封したら早く使わないといけません。

 

いや当たり前なんですけどね(笑)

ケチケチしてしまった(ノ∀`)

 

ということで、これからは余ったらたくさん作りましょう!

 

さて、これを電子レンジで20秒加熱します。

ベーキングパウダーが入っているので少し膨らみ、粘土が半乾きになります。

レンジを使わない場合は、2日ほど自然乾燥させます。

(粘土は膨らみません。)

 

わかりにくいですが、ちょっと膨らみました。

でも、ベーキングパウダーもっと入れてもいいみたいですね。

 

ここから焼き色をつけていきます。

 

色を塗るときは、ベタッと塗らないよう、注意が必要です。

筆の水分が多いときはティッシュで少し水分を拭き取って。

紙などで色具合を試してみると安心です。

 

濃く塗ってしまうとあとから薄くできないので、様子を見ながら色を重ねていきます。

 

今回はニスも使います。

筆は乾燥しないように、すぐにしっかり水洗いしましょう。

ニス用の筆を別に用意しておくと便利ですね。

 

 

完成!

セサミベーグルに見えますか??

色を塗るとそれっぽく仕上がりますが、やっぱり何か気に入らない。

 

ゴマがデカイな。

ニスが少なかったからか、ゴマをつける前に乾いてしまったからか

気づけばゴマが減っています(笑)

 

 

シナモンロール

続いて、シナモンロールを作っていきます。

 

※作り方は省略します。

 

同じように着色した粘土で作っていきます。

 

質感をつけるために歯ブラシを押し当てるのですが

強めにつけてもいいと思います。

 

 

できました!

サイズは2cm弱です。

 

巻くのはキツすぎず、ゆるすぎず、という感じで巻くのが良さそう。

右はゆるすぎたな。

巻きが逆になっていたのは後から気づきました・・・

 

こちらもレンジで加熱します。

ちょっと膨らんだかな。

やっぱり、もっとベーキングパウダー入れても良さそう。

 

ここから色付けとニスです。

付属のブラウンパウダーとベビーパウダーも使います。

 

 

完成!

シナモンロールに見えますか??

 

よくばってブラウンパウダーのせすぎた!

 

できあがり♪

 

付属のカゴ(バスケット)に飾りましょう。

こんなふうに。

 

なんかカゴが・・・(笑)

 

ギュウギュウ。

 

スポンサーリンク

樹脂粘土でつくるミニチュアフード 第2号の感想

アシェット・コレクションズ・ジャパン「樹脂粘土でつくるミニチュアフード

2号のセサミベーグルシナモンロールを作りました。

 

創刊号のクロワッサンより工程が多かったですね。

私はこういう細かい作業が好きなので、楽しいです^^

 

今回は、バッグチャームのアレンジ方法が載っています。

 

今回改めて思ったこと。

粘土は早めに使い切りましょう!

 

それから、写真の腕を上げたいです!

写真撮るのヘタなんですよね~^^;

こんな写真で伝わるのかな?といつも思います・・・

 

 

第3号3月13日(水)発売。

次回は、サンドイッチを作ります。

おぉ~!トマトとレタスも作るのかぁ!

 

楽しみ♪

 

また作ったら書きますね^^

 

 

2 COMMENTS

パン

めちゃくちゃ面白い記事をありがとう御座います(*´︶`*)♡私はプレミアム購読しました(*´︶`*)♡あと、ベーグルのシワが、逆にリアルでめちゃくちゃ素敵です。これからも楽しみにしてます(*´︶`*)♡

返信する
emi

嬉しいコメントをありがとうございます^^
プレミアム申し込まれたんですね!
私もだいぶ悩んだのですが、普通の定期購読にしました。
やっぱりプレミアムにすれば良かったな~と何度も思っています(笑)
毎号、届くのが楽しみですね♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください