Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アシェット ミニチュアフード 第36号モンブランを作ってみた感想

アシェット・コレクションズ・ジャパン「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」

第36号はモンブランです。

 

モンブランは作ったことあるのですが、このミニサイズは初めてでした。

ちょっと苦戦しまして・・・

今回届いた4冊の中で一番時間がかかりました。

 

作った感想をお伝えします^^

 

アシェット ミニチュアフード 第36号の内容は?

定期購読は第34号から37号までまとめて届きます。

経緯は34号に書きました。

 

今回の中身はこんな感じ。

第36号に付属しているもの

  • 樹脂粘土
  • シリコン型

 

絵の具が付いていない!

シリコン型が付いています!

でも今号では使いません!

「大切に保管しておきましょう。」

 

1号分あたりの金額の関係なんだと思いますが・・・

何号で使うのかな?

36号を買ってなかったら使えませんよね。

 

絵の具しばらく本当にいらないんで、こういう型とか小物とかがもっと増えるといいなぁ。

フォークとかカップとかほしい。

 

スポンサーリンク

ミニチュアフード モンブランを作ってみた

モンブランはフランス語で「白い山」という意味で、ヨーロッパのアルプス山脈のモンブランをイメージしています。

ちなみにこのモンブランの高さは4,810mで、富士山より1,000mも高いんですって。

 

Mont-blanc

mont(montagne) =山

blanc=白

イタリア語ではMonte Bianco(モンテ ビアンコ)

 

栗を使ってるからモンブランというわけではなくて、たとえばカボチャでもイチゴでもモンブランです。

栗を使ったモンブランの正式名称は「モン・ブラン・オ・マロン」

そして本来のモンブランは茶色。

黄色いモンブランは日本だけなんですよ。

 

で、モンブランを作るにあたって一番大事なのが細く絞ったクリームですよね。

テキスト通りに作ってみたんです。

粘土も水も書いてあるとおりにしたけど、シャバシャバやで。

 

・・・今気がついた。

書いてある分量じゃなかった(笑)

水多いがな。

そらシャバシャバやわ。

チャントミーヤ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) ミタツモリヤケドー

 

なので、粘土を増やしました。

まだかなり柔らかそう。

 

なじませてる間に土台を作ります。

なんかヘン。

逆台形にならない。

分厚かったし。

難しい。

 

でもこれで焼き色タイムに突入しようと思います。

1色目

いつも場所が暗いからわかりにくいねん。

 

2色目

何かこんなんでいいの?何かヘンやで。

なんやろー?と思ったら、歯ブラシで質感付けるのすっ飛ばしてる!!

おぉ・・・(´Д`)

もう乾燥してたので、質感つけるのは手遅れでした・・・

 

チャントミーヤ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) ミタツモリヤケドー

 

やっぱり考え事しながら作業するべきではありませんね。

気もそぞろ。

今回は最初から失敗ばっかり(´ε`;)

 

そのまま3色目

こんがり。

何かマッシュルームでも焼いたみたいやん。

あーあ(´Д`)

 

マロン量産。

 

色を塗って渋皮栗に変身(/・ω・)/シュワッチ

 

マロンクリームの芯をつくります。

左がテキスト通り。

着色する必要なくない?と思い(笑)

本物のモンブランも、中が生クリームのとかありますもんね。

(私はその方が好き。)

 

ちなみに右2つは、黄土色で着色した軽量粘土が残ってたので、それで作って質感もつけたもの。

分厚かったけど。

もうなんでもいいねん。

 

ここで、最初のクリームを見てみましょう。

こんなの細く絞ったところで絶対だれてくるに決まってるやん。

アイシングクリームやん。

(水が書いてある分量より多かったことに気づいていなかったため)

 

粘土いっぱい足しました。

どんどん量が増えていく^^;

こんなにいらん。

 

袋を開けて水分飛ばしてみたり。(気休め)

でもまだまだ柔らかい。

 

テキストもだいぶ柔らかそうやけど・・・

これでそんなにしっかり形になる??

 

しょうがないので、柔らかいのを少し出して粘土をよーく混ぜて硬さを調整しました。

そして着色してコルネに詰めます。

 

じゃあ絞っていきますよー。

 

ってちょっと待って!

ソバやん!!

なんでこんな平麺やねん!!

 

いやいやいや、アカンやろ。

私は蕎麦を作ってるわけではなくてモンブランを作ってるねん。

 

でも、これで蕎麦(もりそば?ざるそば?)を作れることが判明しました(笑)

 

またコルネからやり直し。

気を取り直して・・・

どうしても、そば感が・・・まだ平麺。

これはきっとコルネの先のせいでしょうね。

 

本当はもっと土台のフチまでグルングルン絞るんですよね。

でも足りなくなったのもあるけど、わりと硬かったんです。

コルネを絞るのに指がプルップルするぐらい力が必要で。

だからところどころブチブチ切れてるし。

うまくグルグル巻けなかった。

 

もうこれでいいです。(投げやり)

どうせ土台も失敗してるし。

 

マロたん乗せてニスを塗ったら完成です。

何か貧相なモンブランですね(´Д`)

こんなはずじゃなかった。

そして、もう蕎麦にしか見えへん。

 

直径約1.5センチ

 

絞り方を変えてみました。

粉糖もかけたけどこれも失敗。

 

モンブランメーカー持ってないので、100均のシリンジで絞ってみようかなと。

でもこのサイズのモンブランにしては太いんですよね~。

なのでしょうがなく本のとおりにコルネでしたんですけど、大苦戦でした。

 

黄色いモンブランと、いちごのモンブランを作ってみました。

左、フェットチーネ!!(笑)

なんかこんなパスタありそうやん(ノ∀`)

 

どうしても平麺になるんですよ。

丸く出てこない。

 

せめてクリームを、と思ったらモタっと出てきたし。

 

もうこれでモンブランということにしておいてください。

 

離れてみたら平麺わからないですよね?(笑)

 

そういえば今回久しぶりに「こぼれ話」ありましたね。

(・・・読んでない 笑)

 

スポンサーリンク

アシェット ミニチュアフード 第36号の感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」

第36号はモンブランを作りました。

 

今回は最初から失敗の連続で嫌になるほどでした(´ε`;)

 

ツノが立つ硬さっていうけど、見本もだいぶ柔らかそうに見える。

ちょっと動画でどれぐらいか見せてほしい(笑)

 

水で柔らかくした粘土、当分ありそうなんですけど・・・

少しも固まる気配がない。

何作ろう?

 

クリーム硬かったと思ったけど、時間とともに少しずつ形崩れてきました。

(一応形は残ってるけど。)

ってことはまだ柔らかかったってこと?

 

コルネで絞るから柔らかくするんですよね。

モンブランメーカーはそのままの粘土ですよね。

モンブランメーカー買おうかなぁ~。

楽しそう♪

パスタとか麺類も作れますもんね。

 

100均(ダイソー)で売ってる「ラーメンメーカー」でもモンブラン作れるんですよ。

ミニサイズは作れませんが。

 

最近はパンやスイーツ以外のものを作るのも楽しいです♪

 

次回、第37号の発売日は11月6日(水)

フルーツパンケーキを作ります。

 

スイーツ続きですね。

ずっとパンがない。

パンケーキはパン?ケーキやからスイーツ?フルーツやからスイーツ?

 

今回の4号分は届いてから1週間もしないうちに作ったので、パンケーキももう完成しているのです。

モンブランとパンケーキを同時進行で作って、パンケーキの方が先に出来上がりました。

 

全部作ってしまって早すぎたな~と思ったのですけど、もう38号の発売日もきてますね。

届くのが遅れると忙しいやん。

まぁ次がまた遅れるかもしれないけど。

と思ってると普通に届いたりするし。

 

でも次はクリスマスシリーズが続くから、本当は早く届けて欲しいです。

今回届いても良かったぐらいじゃないでしょうかね。

まぁそんなこと言ってもしょうがないので待ちますが・・・^^;

 

ではまた書きまーす♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください