アシェット ミニチュアフード 第63号 たまごサンドを作ってみた感想

アシェット・コレクションズ・ジャパン「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」

第63号はたまごサンドです。

これまでにサンド系はいろいろ作りましたが、今回のたまごサンドに挟んでいるゆでたまごがカワイイなってちょっと楽しみでした。

たまごサンドを作った感想をお伝えします^^

 

アシェット ミニチュアフード 第63号の内容は?

63号の発売日は5月8日(金)でした。

いつも水曜日が発売日ですがGWだったのでずれてますね。

定期購読なので62号から65号までまとめて届いています。

届いた経緯は62号で。

 

 

今回の中身はこんな感じ。

63号に付属しているもの

  • 樹脂粘土
  • ウッドトレイ

 

ウッドトレイはこちら。

おお。

はじめてのものは嬉しいですね( *´艸`)

いろいろ使えそうです♪

 

スポンサーリンク

ミニチュアフード たまごサンドを作ってみた

サンド系はこれまでに何度か作りました。

第3号のサンドイッチ

第61号のクラブハウスサンド

他にもサンドしたものはありますが、食パンのサンドイッチはこれぐらい?

 

ゆでたまごは乾燥が必要なので先に作りました。

以降、テキストの順とはまったく違います。

 

たまごサラダ用の白身と黄身

黄身がもうちょっと黄色っぽくてもよかったなぁ。

 

先に黄身を伸ばして、その残りを丸めました。

こんなにいらんかったけど・・・

まぁいつか何かに使えるでしょう。

でもたまごサラダ用のたまごもっといるかもしれないので、丸めた中からあといくつか伸ばしておきました。

 

丸めた黄身は乾燥させてから白身で包みます。

まだ完全に乾燥していない状態でしたが包みました。

黄身スッケスケ。

偏ってるし。

カットしたらどんな風になっているでしょうか。

乾燥してからカットします。

 

で。

食パンなんですが。

3号のサンドイッチ参照とのことで、クラブハウスサンドもそうだったんですけどね。

クラブハウスサンドの食パンが少し残ってるんです。

でもひどいんです。

穴だらけで・・・

黒いのは多分こげた?

でも作るのが面倒でもったいないので、これを使おうかなと。

穴は埋めます。

 

ヒドイ(;´Д`)

埋める用の粘土を着色するのがめんどくさくて(めんどくさがりすぎや)

そうか、先にコッペパンを作ればその残りが使える!とひらめきました。

 

ということでコッペパンをつくっていきます。

1.2mm・・・(誤植)

 

どうしても規定どおりのサイズにできなくて。いつも。

最初の粘土の量り方からできてないんですよね。

あとで粘土を足しました。

 

ちょっと思うような形にならないんですけど。

これが限界。

なんちゃらクッペとか作ったときもキレイな形にできなかったし・・・

 

目安の切れ目を入れてカットします。

キモチワルイ

 

取り除きます。

なんやねんこれ。

変形してるし。

 

整えました。

思い通りの形にならない(ノД`)

 

コッペパンの取りのぞいた粘土で食パンの穴を埋めました。

食パンにカビ生えてるみたい(笑)

あんまりキレイに埋めると不自然なのでほどほどに。

色が若干違うんですが、気にしないこと。

 

食パンとコッペパンに焼き色をつけます。

1色目

コッペパンの形が気にいらない。

 

2色目

コッペパン濃すぎた。

 

3色目

こんなもんでしょうか。

コッペパン濃いけど。

 

食パンを半分にします。

テキストは半分にカットしてから焼き色でした。

 

食パンにアンコ(詰め物)を貼り付けます。

これで底上げするんですね。

 

ゆでたまご乾燥したかな?

本当は1日ほど乾燥させた方がキレイにスライスできると思うんですけどね。

まだ柔らかいのでそーっと切ってみます。

ゆでたまご\(^o^)/

オレンジすぎかなと思ったけど意外と大丈夫そうです。

やっぱり変形したし黄身がかたよってるけど。

本当のゆでたまごだってかたよりますもんね。

 

キレイに切れてないけどこんなもんで良しとしましょう。

 

コッペパン用のレタスとキュウリは11号のイングリッシュマフィン参照。

キュウリは11号の残りがまだあるし、レタスは緑粘土が残るたびに作っていたのでたくさんあります。

 

レタスはパンに合わせてカットしました。

コッペパンもうちょっとシュッとさせたかったな。

 

キュウリを乗せます。

キュウリ分厚かった。

 

たまごサラダを作ります。

人参と大根みたいにも見えますが。

どれぐらい使うかわからないので多めに切っておきました。

足りなかったらまたカットします。

 

ボンドと絵の具を混ぜて。

 

サンドイッチに詰めます。

アンコが大きかったのか、たまごのみじん切りが大きかったのか。

これ敷き詰めるとゆでたまご入らないかも・・・

 

たまごサラダとゆでたまごを調節しながら詰めていきました。

こんなんでいいの??

たまごサラダの存在感がないというか。

食パンが分厚いというか。

食パンの端の / ←これ気になるというか。

 

コッペパンの方にもたまごサラダ。

たまごサラダというかポテトサラダというか。

タルタルソースというか。

 

気にいらないのでやり直しました。

ちょっとマシかな?

もっとたまごのみじん切りを増やせば良かったのかな。

この上にパセリを乗せて乾燥させます。

 

たまごサンドの完成です!

約2センチ×1センチ

 

たまごサラダが乾燥したらオレンジが目立ってきて。

なんかツナみたい。

たまごツナサンド。

 

たまごコッペも完成です!

こっちは乾燥したらたまごサラダ感が出てきました。

約2センチ。

 

付属のボックスに入れてみました。

ピッタリサイズ!

これは偶然です。

 

ア・ラ・カルトに書かれていたサンドイッチボックスも作ってみたいな。

簡単に作れそうですよ。

今度ペーパークラフトバンド買ってこよう。

 

離れて見るとちゃんとたまごサンドっぽくみえますよね(ノ∀`)

 

スポンサーリンク

アシェット ミニチュアフード 第63号の感想

アシェット「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」

第63号のたまごサンドを作りました。

 

作る過程ではいろいろと気にいらなくて。

粘土っぽく見えるし(粘土や)

でも形になればそれっぽくなりました。

キレイな食パン作りたいな。

 

次回、第64号の発売日は5月13日(水)

バウムクーヘンを作ります。

バウムクーヘンは簡単そうでめんどくさそうで(笑)作ってみたいと思いつつ手を出していませんでしたが。

 

早くしないと追いつかない!

なのに楽しそうなものを見つけてしまいました・・・

 

MIROOM (ミルーム)」というオンラインで趣味レッスンを受講できるサービスです。

月額1,980円なんですが、レッスン動画が見放題!

ネイル、キャンドル、ポーセラーツ・上絵付け、洋菓子・アイシングクッキー、パン・料理、和菓子、カリグラフィー・レタリング、書道・ペン字、羊毛フェルト、ミニチュア、ハンドメイドアクセサリー、ヘア、その他ハンドメイド、ダンス・フィットネス、フラワーアレンジメント、盆栽、多肉植物、絵画・イラスト、刺繍、編み物

↑こんなにたくさんのレッスンをオンラインで学べてしまうんです!

ミニチュアフードもあって興味津々。

 

\MIROOMについて詳しくはコチラから/


(↑「レタリングレッスンを始める」のところからトップページへ飛ぶことができます。)

 

いろんなことを試してみたいけど教室で受講しようと思うとお金かかるし、オンラインなら通わなくてもいいから便利ですよね♪

これとかめちゃくちゃカワイイ(*´ェ`*)

いやー知らなかったなー。

7日間無料体験もできるみたいです。

ちょっと惹かれてます^^

 

ではまた次回作ったら書きますね♪

 

 

2 COMMENTS

みいみい

こんばんは~
初めまして・・・
今回のStayHomeで、にわかにミニチュアフードを作りたくなり、定期購読をしたかったのですが、今はできないらしく残念(>。<)

ネットで単品を探している最中に、偶然こちらにたどり着きました。
とっても詳しく書かれていて、しかも所々クスッと笑える(^△^)
いつも楽しく拝見しています。
ミニチュアフードは全くの初心者で、一度も作ったことがないので、できるかどうか怪しいものですが、こちらをお手本に頑張ってみようと思います。
(でも、京都も緊急事態宣言が解除されたので、お仕事も通常に戻ったら、やる時間があるのかな?)
これからも、おじゃまいたしますね♪

返信する
emi

みいみいさん
はじめまして。コメントありがとうございます^^
そうなんですね!偶然みつけていただけて嬉しいです♪
著作権があるので作り方を詳しく書くことができず・・・
こんなのでお手本になるかわかりませんが(笑)少しでも何か参考になることがあれば幸いです。
またいつでも遊びにいらしてください^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください