夏マスクに適した生地のおすすめは?エアリズムや冷たい布で手作りしたい!

夏用のマスクを冷たい生地で手作りできたらいいですよね。

いろんなメーカーが夏用マスクを発売しているので買えば早いのでしょうけど、意外とマスク作りが楽しくて^^

自分で作ると愛着もわきます。

 

ただ結局何を使っても涼しくなることはないので、少しはマシになるという程度なんです。

そこで、夏用マスクにおすすめの生地についてご紹介します。

実際に作ってみた夏用マスクも見てくださ~い^^

 

夏マスクに適した生地のおすすめは?

夏マスクの素材の選び方

  • 目が粗い生地
  • 薄手の生地
  • 適度な張りがある生地

目が粗くて薄手の生地が通気性が良いです。

マスクに通気性ってどうなの?と思うのですが、布マスクは何枚重ねてもウイルスは通りぬけてしまいます。

マスクをする目的は咳やくしゃみの飛沫を防ぐこと、顔(口や鼻)を触ることを防ぐためのものなので、表と裏合わせて2枚くらいで十分だと思います。

これからの季節は熱中症も心配ですしね。

そしてある程度張りのある生地を外側にすると縫いやすく、型崩れもしにくくなります。

 

夏用マスクにおすすめの生地

  • リネン(麻)
  • さらし(手ぬぐい)
  • サッカー
  • リップル
  • 楊柳

など

 

麻は風通しが良いので夏服でもよく使われます。

 

晒(さらし)は、白無地の木綿の布を水で晒し不純物を取り除いたもの。

その晒を染色など加工したものが手ぬぐいです。

 

サッカーやリップルや楊柳などは凸凹しているので肌に触れる部分が少なくなります。

 

よくマスクに使われるガーゼは水分を吸収してジメジメするので夏には向きません。

やわらかい生地なので肌当たりは良いですが、息をしたときに口や鼻にくっついてしまうことも。

ある程度張りがあって肌に密着しにくい生地がおすすめです。

 

ただ、実際に口に当てて試してみるしかないんですよね。

たとえば手ぬぐいでも厚みや質感はさまざまです。

生地のチクチクする感じが苦手という人もいれば、気にならない人もいます。

そして、マスクをしてあまり動かない人と、マスクをして動き回る人とでは感じ方も変わります。

マスクを作る前に、布を重ねて口に当てて呼吸してみた感じで選んでみるのも一つの手だと思いますよ。

 

色は黒い色だと外にいると暑くなるので、薄い色がおすすめです。

白っぽい色は見た目にも涼しそうですよね。

 

生地はわざわざ買わなくても、もう着なくなった夏服などを探してみてください^^

 

スポンサーリンク

夏マスクの手作りはエアリズムでも作れる?

ユニクロのエアリズムなどはストレッチ素材で柔らかいので、慣れていないと裁断もしにくく、かなり縫いにくいです。

そして呼吸をすると張り付いて息苦しくなることも・・・

形を保てないので顔のラインがくっきり出ることもありますし、エアリズムで作るなら内側だけにして表側は伸びない生地がおすすめです。

 

ただエアリズムなどの接触冷感の布は肌に触れたときにひんやり冷たいだけで、すぐに暑く感じるという意見が多いです。

個人差があるとは思いますが、私はダメですね(^_^;)

接触冷感のインナーを持っているのでこれでマスク作ってみようかな?とは思ったのですが・・・

 

でも、ひんやりマスク試してみたいとは思っています。

不器用な私が作ったものより、ちゃんとしたマスクなら問題ないかもしれませんしね^^

 

夏マスクをガーゼとさらしで作って比較してみた

私はめんどくさがりながらも、いくつかマスクを作ってみました。

いつもゴムはストッキングで代用しています。

柔らかくてお気に入りです^^

 

持っている布を活用しようと思ったので買っていません。

その中で涼しそうな生地が

・手ぬぐい(さらし)
・麻
・夏服

 

外側を麻にしました。

この麻の布、枕カバーなんです。

もうずっと使っていなかったのでマスクとして活用することにしました。

おそろいのシーツと布団カバーもあるので、あと何個マスクが作れるでしょう(笑)

 

このマスクはそれぞれ作り方が違うのですが、どちらも立体マスクです。

写真下側の「おさかなマスク」が簡単でした。

 

麻は肌に当たるとチクチクするので、内側には使いません。

内側はさらしで作ったものとガーゼで作ったもの。

写真上:さらし

写真下:ガーゼ

 

肌触りはガーゼの方が柔らかいのですが、柔らかいためにちょっと口元に貼り付きます。

内側さらしもずっとしていると暑くなってきますが、ガーゼよりはマシかな~と感じました。

ガーゼよりさらしの方がしっかりしているので、さらしの方が貼り付く不快感は少ないです。

 

表裏どちらもさらしで作ってみたのですが、それも薄くていい感じでした。

でも薄いので、マスクとしてどうなのか?という疑問はありますが・・・

一応インナーポケット付きなのでフィルター等を入れることはできます。

 

平面型のマスクも作りましたが、空間ができる立体型のほうが夏は良さそうですね。

 

私は今のところ夏用マスクは

外側:麻

内側:さらし

の組み合わせがマシかなと感じています。

 

ただ、さらしも洗濯するうちに毛羽立ってくることがあるので、いつまで使えるか・・・

他にも手ぬぐいは何枚か持っているので、いろいろ試してみますね。

 

 

まとめ

夏用マスクにおすすめの生地

  • リネン(麻)
  • さらし(手ぬぐい)
  • サッカー
  • リップル
  • 楊柳

など

 

私はめんどくさがりですが、試行錯誤しながら作るのも楽しかったりします。

まだマスク生活が続くので楽しく過ごしたいですよね。

 

UV除菌もしていますよ^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください