おさかなマスクの作り方が超簡単だった!作ってみた感想とつけ心地を紹介

少しずつマスクも買えるようになってきましたが、まだ高いですよね。

「ガーゼマスクは効果ない」とか言われますけど、エチケット目的の普段使いなら手作りマスクで充分だと思っています。

不織布マスクより布マスクのほうがお肌にやさしいですし。

 

でも作るのめんどくさいですよね。

私もめんどくさがりなので、なかなか行動にうつせません(^_^;)

 

「おさかなマスク」の作り方をみたら簡単そうで、実際に作ったら本当に簡単でした!

今回は、おさかなマスクを作ってみた感想と使い心地をご紹介します^^

 

おさかなマスクの作り方は超簡単!

「おさかなマスク」って聞いたときに、マスクが魚の顔(頭)になっているのかと思ったんですよ。

そしたら違いました(ノ∀`)

 

「おさかなマスク」は、はまくまさんが考案されたものです。

型紙と作り方はコチラでダウンロードできます。

<おさかなマスクについて>

↓↓

https://mart-magazine.com/life-people/column/65141/

出典元:Mart

 

型紙が魚の形をしていますね^^

ぴったりフィットタイプと、ゆったり使えるタイプがあります。

私はぴったりフィットタイプにしてみました。

 

作り方もわかりやすく書かれていますよ。

簡単!

 

以前作った立体マスク、ちょっと私には難しかったんですよね。

 

おさかなマスクの良いところは、布の中心を「輪」にしているので柄合わせをしなくていいんです。

柄を真ん中で合わせるのも面倒だし、合わせなかったらズレておかしいですもんね。

カワイイ柄のまま使うことができます。

 

そして縫い目が表に出ない構造になっているので、少々雑になっても安心。

糸の色が布と合っていなくても気にする必要なし!

さらに、中にポケットが付いているのでフィルターを入れられるようになっています。

 

おさかなマスクの材料

  • おもて布:28センチ×18センチ
  • うら布:20センチ×18センチ
  • ゴムや糸:適量

 

ノーズワイヤーは入っていませんが、ワイヤーを入れて縫うのも面倒ですし買ってまでは・・・と思ってしまうので。

最低限の手間だけで作れるというのは魅力的( *´艸`)

 

スポンサーリンク

おさかなマスクを作ってみた感想

おもて布は「麻」を選びました。

これ、無印良品の枕カバーなんです( *´艸`)

もうずっと使っていなかったので、マスクとして利用することにしました。

 

うら布は「シングルガーゼ」を選びました。

(写真撮るの忘れました。)

 

マスクゴムはストッキングで代用します。

これお気に入りで、もう私は普通のゴムには戻れません。

 

全部、家にあるものを使っています。

もう着ない服でもいいなと思ったのですが、マスクにできそうな服がありませんでした・・・

 

<おさかなマスクの詳しい作り方>

↓↓

https://mart-magazine.com/life-people/column/65141/

出典元:Mart

 

布の中心を「わ」にしてカットするので、柄がズレません。

とか言って無地ですが(笑)

 

縫う箇所が少ないので手縫いでも簡単だという声がありましたが、ミシンを使いました。

端を折るときはアイロンをかけるとしっかり折れて縫いやすいと思いますが、私はめんどくさがりなので指でギュッと圧をかけました(笑)

 

ゴムはストッキングの輪切りを使うので最後に通すのではなく、先にゴムを巻き込んでから端を縫いました。

色が同化していますが、上にあるのがストッキングです。

(このまち針カワイイでしょ。見せるためだけにここに刺しました 笑)

 

縫い終わったら表にひっくり返します。

あれっ!?

間違えた!?

 

とドキドキしましたが・・・

この端もひっくり返せば大丈夫でしたε-(´∀`*)

おさかなマスク完成~!

 

内側はこんな感じです。

 

ここにティッシュやキッチンペーパーなどを入れることができます。

布を入れて厚さを調節してもいいですよね。

 

ちょっとマスクの周囲がタルンとなるのが気になります。

うち布はみ出るし。

これは下手なのが原因ですが(笑)柔らかい布を使ったからだと思います。

 

アイロンかけたらピシッとするかな?とも思ったのですが、ステッチをかけてアレンジしました。

 

周囲のタルンとした感じがなくなり、ピシッとなりました。

これはお好みですね^^

 

おさかなマスクのつけ心地はどんな感じ?

さて肝心な「おさかなマスク」の使い心地ですが・・・

(今度、着画載せますね。)

 

鼻からアゴまでスポッと覆われていい感じです。

「ぴったりフィットタイプ」で作ったのですが、圧迫感はありません。

ちょっと大きいかな~?とも思いますが、これ以上小さくなると苦しそうなので許容範囲です。

上下の形が同じなので、マスクをつけるときにどっちが上だっけ?と悩むこともありません。

 

おさかなマスク良い!( ´∀`)b

本当に簡単だったので、慣れたら短時間で作れそうです。

 

マスクが買えなくなってから、いろいろ試してみました。

 

縫わずに折りたたむだけのマスク

 

クリップで布をはさむ「なんでもマスク」

 

型紙なしで縫えるマスク

 

夏のマスクは暑いので、少しでも涼しく感じられる生地で作りたいですよね。

 

まだまだマスクは必要なので、楽しみながら過ごしたいですね^^

今度は柄物の生地で「おさかなマスク」を作ってみたいと思っています。

 

UV除菌も楽しんでいますよ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください