Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フェイクスイーツ 樹脂粘土で簡単なバナナの作り方

フェイクスイーツのデコレーションにフルーツがたくさんあると豪華で、より美味しそうに見えますよね。

ケーキやタルトやパフェなど、バナナを乗せたいスイーツはたくさんあるので、作れるようになると便利です♪

 

今回は、樹脂粘土でバナナの作り方をご紹介します^^

 

フェイクスイーツ 樹脂粘土で簡単なバナナの作り方

バナナの作り方はとてもシンプルで簡単です♪

 

バナナの材料

◎樹脂粘土

◎アクリル絵の具(黄土色、こげ茶色)

◎粘土ベラ

◎カッター

◎細い筆 または 爪楊枝

 

材料はたったこれだけ!

100均の材料でもOKです^^

 

今回の樹脂粘土はモデナを使っています。

 

 

バナナの作り方

まずは、作りたい大きさの樹脂粘土に、黄土色の絵の具を少量まぜて着色します。

絵の具を少しずつ様子を見ながら足していきます。

 

粘土が乾燥すると色が濃くなるので、イメージより薄くしましょう。

もし濃くなったら粘土を足して調節します。

 

着色した粘土を丸めて棒状に伸ばします。

直径約3センチ程の粘土玉で作りました。

伸ばした長さは約3.5センチ程です。

 

粘土ベラ(またはカッターの背)で表面に細かく筋を付けていきます。

グルグル回しながら細かく付けていきましょう。

 

細かく付けた筋に対して垂直に、筋を4~5本つけます。(縦に長く)

これだけでもうバナナっぽいですよね^^

 

粘土を乾燥させます。

1日もいらないです。

半日ぐらいかな?

完全に乾燥すると固くなりすぎてカットできなくなるし、柔らかいと形が崩れてしまうので。

 

形が崩れない程度に固まったらカットします。

まだ柔らかいと思ったらカットを中断するか、形が崩れたら修正しましょう(笑)

輪切りにしましたが、斜め切りでもいいですね。

デコレーションするものによってカットの仕方はお好みで^^

 

カットしたあとは、完全に乾燥させましょう。

 

ここから、バナナの表面を描いていきます。

 

アクリル絵の具の黄土色を使います。

細い筆か爪楊枝で放射状に細く線を描きます。

 

↓これちょっと濃くなったので、あとで薄くぼかしました。

 

まわりも薄~く色塗ったのですが・・・

いらなかったですね(笑)

でも熟したバナナに見えなくもない!?

 

そして、中央にこげ茶の絵の具で小さく点を描きます。

(赤印は目安です。)

写真撮るのを忘れてしまいました。

 

描けたら絵の具を乾燥させます。

 

カットバナナの完成です♪

ちょっと変なのもありますけど^^;

 

お好みでニスを塗っても。

ツヤツヤするので、ツヤなしのニスでもいいですね。

 

やっぱり色がヘンですね^^;

上手に作り直せたら、写真入れ替えます(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スイーツデコに欠かせないフルーツ、バナナの作り方をご紹介しました。

シンプルですが、リアルな断面を描くのは意外と難しいです。

 

チョコソースを作って、「チョコバナナ」とかでもいいですよね♪

チョコソースの作り方はコチラです。

 

いちごと一緒にバナナもいろんなスイーツのデコレーションにピッタリです♪

いちごの作り方はコチラです。

 

他にもいろんなフェイクスイーツの作り方をご紹介しています^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください