ニトリのワークチェア クエトのレビュー!組み立て方や座り心地は?

これまで立ち仕事や体を動かす系の仕事しか経験がなかった私は、椅子の重要性というものを意識したことがありませんでした。

諸事情により、デスクワーク系の仕事しかできなくなり、学生以来初めて長時間座るという経験をしたんですね。

そこで身をもって実感しました。

椅子って大事だなと。

 

長時間座っても疲れにくい椅子が欲しかったので探した結果、ニトリでワークチェア(クエトBK)見つけました!

 

ニトリでワークチェア「クエト」を購入!

おしゃれな部屋にしたくて見た目重視で買った木製の椅子。

長時間座ってられません^^;

まだまだ使えるのでもったいないですが、身体のためにも環境を整えることは大事です。

 

私が探していた椅子はこんな感じ

  • 長時間座っていても疲れにくい
  • 背もたれが欲しい
  • リクライニング機能があると良い
  • 高さ調節ができると良い
  • 軽い方が良い
  • 予算はそんなにない

 

これまで椅子に座る時は、姿勢矯正?骨盤矯正?のクッション的なものを置いて座っていました。

そのため、背もたれにはほとんどもたれず座って作業していたんですね。

なので今まで背もたれは重視していなくて。

長時間は厳しいし、たまにはもたれながら作業できるといいなということで、ある程度の高さがある背もたれがほしかったのです。

本当は部屋の雰囲気にも合わせたいので見た目でも選びたいところなのですが・・・

 

ネットショップに椅子もたくさんあるし届けてもらえるので便利ですが、やっぱり座ってみないとわからないですよね。

椅子を取り扱っているようなお店は近くではニトリぐらいしかないので(「しか」って失礼な 笑)店頭に並んでいるいろんな椅子に座ってみました。

 

革(ビニール)製のワークチェアは座ると沈む感じが苦手で。

メッシュタイプのものが熱がこもらなくていいとどこかで見かけました。

 

やっぱり座ってみた方がいいです!

見た目コレがいいと思っても、座るとダメだったり。

 

椅子によって座り心地は全然違います。

高ければ良いというものでもないし、安ければ良くないというものでもない。

自分の身体にしっくりくるものが一番です。

 

そして、私の身体に一番しっくりきたのが、「クエト」でした。

 

何度も他のに座ってみて、また戻ってきてをくり返したのですが、やっぱりコレ。

大きいし黒いし部屋に合わないけど、そこは妥協することに。

 

でもかなり重たいし、かよわい女1人で組み立てられるのかな?と。

女性店員さんにお話聞いたら

「組み立てが簡単かというのは人それぞれなので、「簡単です」とは言い切れない」とのこと。

たしかに。

 

取説を見せてくれて、「こういうふうにわかりやすく書かれているので、順番にやっていけば組み立てられます。私でもできますので^^」

その店員さんは、私より背が低く、私より年上の女性です。

 

でも私、諸事情で重たいものを持てなくて。そこが一番心配。

まぁそんな事情は説明してもしょうがないので、なんとかなるだろうと。

 

商品カードがたくさんあったので、在庫もあるのかと思いきや、取り寄せないと在庫がないと。

しかもこれから大型連休に入るというタイミングだったため、2週間後の入荷でした。

 

スポンサーリンク

ニトリのワークチェア クエトを女1人で組み立てた感想

やっと入荷日になったので、引き取りに行きました。

箱でみるとかなりの大きさ。

車への積み込みは手伝ってもらいました。

 

車から降ろす時にどうしようかなぁと。

持ち上げて運ぶのは、かよわい私には無理だったので、転がして移動させることで成功(笑)

※真似する場合は自己責任でお願いします。

 

大きさの目安↓

比較はミニチュアダックスで。

写真撮ってると入ってきたのです^^

 

総重量20キロ。

組み立ては2人以上で30分が目安のようです。

 

椅子を使う部屋は2階でそんなにスペースもないので、組み立てるものを少しずつ順番に運ぶことにしました。

 

かよわい私には重たいんですよ。

計ってみたら座面だけで4.6キロ。

 

説明書に文章はなく、でも◯番のネジを使うかわかりやすく書かれています。

どの穴にねじを刺すのか絵だけではわかりにくいですが、実物と照らし合わせるとわかりました。

 

うまく組み立てるコツとしては、最初はネジを8割くらいに仮締めするのがポイント。

対角上にあるねじは、以下の順番に取り付けること。

最後にしっかり締めます。

 

すべて六角レンチで締めていきます。(付属されています。)

 

まずは左右の肘掛けを取り付け。

 

続いて座面の裏側に色々調節するバーの部分を取り付けます。

この部分だけで5キロぐらい。

合計約10キロ。

 

ここまでできて、悲劇が。

倒れてきたんです。

約10キロが足の親指に直撃。

 

かなり痛いのでお気をつけくださいね^^;

 

さて、しばらく痛みで中断し、若干やる気も失せましたが組み立て再開です。

 

背面を取り付けます。

 

「必ず2人以上で取り付ける」と書かれているところは手伝ってもらいました。

かよわい私は重たいものを持てない(持ってはいけない)ので。

 

この後から写真撮るの忘れました。

足の部分にキャスターを取り付けるのですが、はめ込むだけのようです。

でも固くてなかなかはめられず。

タオルなどで押さえながらグイッと。

コツをつかめば力はあまり必要ありませんでした。

 

そして、上(座る部分)と下(足部分)を差し込みます。

これもかよわい私は1人で持ち上げられないので手伝ってもらいました。

 

最後にヘッドレストを取り付けて、ねじ部分にはめ込むものが入らなくて。

このままでいいかと諦めました^^;

 

完成です。

 

存在感がすごい。

 

若干ガタつきが。

差しなおしても変わらず。

まぁ許容範囲でしょう。

 

ゆっくり作業して途中足の痛みで中断しましたが、それでも1時間はかからず完成しました。

 

「女1人で組み立て」と書いておいて手伝ってもらってますが。

力がある方でしたら1人で組み立てられるのではないかと思います。

(以前の私なら1人で持ち上げて組み立てたはずなので。)

 

ネジ1本あまってビックリしたけど・・・

「EXTRA=余分な」

 

取扱説明書と六角レンチと一緒にしておきましょう。

 

スポンサーリンク

ニトリのワークチェア クエトの座り心地は?

座ってみた感想ですが、幅が広いのでゆとりがあります。

背もたれは肩の高さまであります。

 

座面が広いので正座もできます。

あまりいないかもしれませんが、私は椅子の上でもたまに正座したくなるんですよね(笑)

 

メッシュは通気性がいいとは聞きますが、このメッシュとチェアの材質(プラスチック)の肌触りが痛くて・・・

タオルやシーツか何かでカバーしようかなと思っています。

 

フローリングではマットを敷いたほうがいいのかもしれません。

床に傷が付くかも?

 

◆高さ調節

うまく調節ができません。

と思ったら、右側のレバーで調節するんですね。

一生懸命、左側のレバーでしてました(笑)

 

私は高くする必要はないので一番低いままです。

ただ、一番低くても深く座ると足の裏が床にピタッとつかないです。

浅く座るとつくのですが。

足の長さのせい?(笑)

私は身長163センチです。

何か台でも置こうかな?

 

◆ロッキング(背もたれ)調節

こちらも私はうまく調節ができません^^;

座面下のつまみを調節するとロッキングを軽くしたり重くしたりできます。

まぁ、そんなに角度を平らにすることもないので、好みの角度で固定したままです。

 

◆アームレストの高さ調節

私は肘掛けって特に必要ないのですが、高さを変えることができます。

使っている机との相性もあると思います。

一番低くするとデスクにしまい込めました。

私はアームレスト必要ないので、このままで。

 

◆ヘッドレスト調節

不満なのが、このヘッドレスト。

位置が合わないんですよ。

首が前に出るというか。姿勢が悪くなる。

もっと後ろに取り付けてほしい。

 

クッションで高さを出して座ると少しマシになるのですが、でもなんか痛い。

なので、ヘッドレスト取り外しました。

 

ラクになりました。

頭までもたれることないので、ヘッドレストなしのままで使ってみます。

 

まとめ

 

長時間座っても疲れにくい椅子を探した結果、ニトリでワークチェア「クエト」を購入しました。

パソコンをはじめ、椅子に座っての作業が以前よりラクになりましたよ♪

 

万人にピッタリ合う椅子ってないと思うのです。

私は「クエト」がしっくりきましたが、合わない人もいると思います。

そして、店頭で座って確かめるのが一番ですし、店頭で確かめても実際使ってみないとわからないこともあります。

 

私も今後使い続けるうちにまた何か思うことが出てくるかもしれません。

その時はまた追記しますね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください