Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シルバニアファミリー展 大阪高槻の感想レポ!混雑状況やグッズの種類がすごい!

シルバニアファミリー展を観に、大阪の高槻阪急へ行ってきました!

 

1985年の誕生から現在まで、国内外で世代を超えて愛され続けているシルバニアファミリー。

人形や家具など、約1,000点以上が展示されている「シルバニアファミリー史上最大規模の展覧会」です!

これまで東京・松屋銀座、大阪・阪急うめだ、名古屋・栄三越と開催されました。

 

春に梅田で開催されているのを知ったときにはGW目前。

GWの梅田とか絶対ムリ・・・と思って諦めました。

 

今回知ったのも偶然ですでに開催されていたのですが、「高槻なら行ける!」と思い立ち。

念願のシルバニアファミリー展。

 

一言でいうと、「行って良かった~!」です^^

大人でも、1人でも、楽しめます。

 

シルバニアファミリー展の感想を写真満載でお届けします♪

 

※撮影OKエリアのシルバニアファミリー展写真が多数あります。

ネタバレを見たくない方はご注意ください。

 

シルバニアファミリー展 大阪高槻会場の感想レポ

【公式】シルバニアファミリー展のご紹介

 

動画を見ただけでもワクワクしますよね♪

 

入場料は一般800円です。


入り口では、ショコラウサギちゃんがファミリーでおでむかえ♪
大きいんですよ~。
大人の腰あたりぐらいの高さあります。
入り口のこの子たちは写真OKです。(確認済)

うん。かわいい。

連れて帰りたい。

 

展示室内は撮影禁止です。

 

私は平日の13時過ぎに会場へ入りました。

入り口付近には誰もいなかったので、もしかしたらお客さんいない?と思ったら、先に1人女性の方がいました。

ガラッガラ!
ゆっくりみれる。ラッキー。

 

<歴代のシルバニアファミリー商品の展示>

第1章から4章まで年代順に展示されています。

第1章(1985~1994)

第2章(1995~2003)

第3章(2004~2016)

第4章(2017~)

 

初代ハウスから始まり、ズラーーーっと展示が続いています。

人形はもちろん、お家や家具など、国内外で販売されたものがなんと1,000種類以上!

かなりの見応えですよ。

 

順路は決まっていないので、自由に見ることができます。

戻って来られる方もいました。

 

全部写真撮りたい!と思ってしまいます。

私は詳しいわけではないから「なつかしいー!」とか思わないし、知らないのいっぱいあるんですけど、全部の解説したいぐらい( *´艸`)

 

私は子供の頃、シルバニアファミリー欲しかったのですが、子供心に「高い」と思っていて、買ってもらうのが悪いと思っていたんですね。

なんてケナゲな子・・・(笑)

そんな思い出の子たちとふれあうことができる(ふれあってはいない)喜び。

 

はぁ~(*´ェ`*)

私だったらこういう配置にするかなとか、いろんな想像(妄想)をくり広げながら、じっくりゆっくり楽しみました。

 

最後は撮影OKスペースがあります。
人がいないおかげで、写真撮り放題!ラッキー♪

 

ここから写真満載です。

 

 

<コラボレーション作品の特別展示>

 

360度どこから観ても楽しめます。

 

この作品だけでもずっと見続けられるぐらい飽きない。

 

本当に生活しているみたい。

会話が聞こえてきそうな。

 

何か写真が上から目線みたいになってるので本当はもっとしゃがんで撮りたかったです。

でもこの前に置いてある柵というかロープというか、これが写ってしまう。

 

いっぱい写真撮りまくりたかったんですけど、私の容量少ないスマホでは限度があるのでほどほどにしか撮れず。

そのかわり(?)写真を全部ズームして隅々まで見ましたよ( *´艸`)

 

 

日本ドールハウス協会コラボレーション作品

テーマは「お店屋さん」

一番右側の

 

スナック?

発想がステキ( *´艸`)

 

え~もう~占いしてるやん~!(*´ェ`*)

私も占ってほしい~!

 

どのお店も一軒一軒たずねてまわりたいです。

 

 

ドールハウス作家さんコラボレーション

テーマは「四季」

 

「夏」

すごくないですか?

かわいすぎる

ここ、めちゃくちゃカワイイ。

もうカワイイしか言えない。

 

あ、一番最初のが「春」かもしれない。

 

「秋」

もうなんか一人ひとりが可愛すぎて~(*´ェ`*)

 

きのこも可愛くて~

ちっちゃいツリーのオーナメントも可愛くて~

 

可愛いしか言えないですよね~

 

この子たち可愛すぎる(*´ェ`*)

 

はぁぁぁ~(*´ェ`*)

 

私のハロウィンパーティーなんてしょぼすぎて恥ずかしい・・・

(プロと比べたらアカン)

 

「冬」

雪だるまも可愛い

ツリー見上げてる親子とか

キャンディ買ってもらってるコとか

いやもうすべてが尊い。

 

こんなケーキ屋さん行きたいなぁ~(*´ェ`*)

 

パン並んでる棚見て!

カメ!

並んでるもの全部かわいくて、「全部ください!」って言いたくなる。

 

どの作品も、隅々まで見てほしい!

小物とか細かいところまでこだわっていて、どこを切り取っても物語があります。

 

 

文化服装学院コラボレーション

テーマは「はじめてのパリコレ」

個性的な衣装を着たコたちがズラーッと。

ランウェイを歩いている様子が目に浮かびます。

すごいな~。

こんないろいろ作れたら楽しいだろうなぁ。

 

 

武蔵野美術大学コラボレーション

テーマは「シルバニアファミリーと私」

さすがですよね。

絵になっても命が吹き込まれているというか、それぞれの世界でちゃんと生きているというか。

こんなステキな絵が描けるようになりたいなぁ~。

 

 

篠原ともえさんコラボレーション

テーマは「mode」

モノトーンがおしゃれ。

 

マリンルックがおしゃれ。

 

篠原ともえさんのインスタを見たことがあるんですけど、いろんなハンドメイド作品の写真がアップされています。

衣装のデザインもされているので、ちょちょいっと作れちゃうのかな。

何でもできるんだろうな。

 

 

<シルバニア村を再現した大型ジオラマ>

2.7m×2.7mの大型ジオラマが登場!

 

どーーーん!

 

どの角度から見ても楽しい。

畑仕事カワイイ(*´ェ`*)

 

洗濯ものが干されてる。

細部までぬかりなく。

自撮り棒みたいなのでもっと中まで伸ばして細かいところも見たい。

ドローンで上空から撮影したい。

小さくなってこのシルバニア村に入り込みたい。

いやもうこれ人がいない間に動いてるんちゃうん。

実は生きてるかもしれない。

 

それぐらいすべてが絶妙な仕上がりというか。

 

これは本当にたまらない空間でした。

 

一度会場から出ると再入場できないので、思い残すことがないようにしっかり堪能しましょう!

最初から最後まで、隅から隅までじっくりみてほしいです^^

 

また最初まで戻って見ている方もいらっしゃいましたよ。

私も戻ったりしました。

 

あ、そういえば映像が流れている場所もありました。(画面は小さい)

 

若干、後ろ髪を引かれつつ会場をあとに。

 

グッズ売り場の一角には、ブラウンウサギのファミリーが。

この子たちも大きいんですよ。

しゃがんだら同じぐらいの目線になります。

 

撮影スポットなんですけど、カーペットの中に入るのは禁止でした。

 

もっとじっくり眺めてニヤニヤしたかったのですが、グッズのレジの真横で店員さんがたくさんいたので自重しました^^;

 

はぁ~可愛すぎた(*´ェ`*)

写真多すぎましたね。

これでも厳選したんですけどね(笑)

いや~語り尽くせない。

 

シルバニアファミリー展・大阪高槻会場は、10月14日(月・祝)までの開催です。

スポンサーリンク

シルバニアファミリー展の混雑状況は?

シルバニアファミリー展は全国巡回するようなので、今後の参考のために混み具合をお伝えしますね。

 

高槻のシルバニアファミリー展へ私が行ったのは平日の13時過ぎ。

お客さんはゼロではないもののガラガラでした。

かなりゆっくりじっくり眺めることができて、撮影OKエリアでも撮り放題だし人が映り込むこともなく自分のペースで好きな角度から撮影できて快適。

 

平日最高。

平日がおすすめです。

やっぱり隅々まで見たいですもんね。

場所によっては平日でも多いかもしれませんが。

 

土日はかなり混雑するようです。

撮影エリアも行列になるみたいなので、好きなアングルで撮れないと思います。

 

小学生以下無料なので子供もいましたが、展示が大人目線の高さにあるので見にくそうです。

ベビーカーの赤ちゃんと小さいお子さまを連れた女性が来られていましたが、お子さまは走るしあまりゆっくり見ることもできずサーっと通り過ぎる感じでした。

子どもさんに見せるためには抱っこしないといけなく大変そうでした。

これで人が多かったら子どもさんは全く展示が見えませんし、抱っこしたりおろしたりが大変だと思います。

もみくちゃになるぐらい混雑するとベビーカーも危険かもしれませんね。

 

所要時間は、ゆっくり一通り観て1時間ぐらいでした。

もっといようと思ったらいくらでもいれますし、短縮もできます。

(そこはお好みで^^)

 

お友達と「なつかしい~」「かわいい~」とキャッキャワイワイしながら見るのも楽しいと思いますし

1人で自分のペースでじっくり眺めるのも楽しいですよ^^

スポンサーリンク

シルバニアファミリー展のグッズの種類がすごい!

物販コーナーは展覧会に入場しなくても購入可能です。

お客さんはわりといましたが、混雑で見れないとかはありませんでした。

誰でもOKなので土日は多いかもしれません。

 

シルバニアファミリー展限定人形として

オリジナルのお洋服を着たショコラウサギファミリー、キュートカップル
キーリング
ピンズ
キャンディバッグ
クッキー缶

他にも展示会限定商品がたくさんあります。

 

先行販売商品もたくさん。

「赤い屋根の大きなお家 クラシックカラー」は高槻先行販売だったんですね。

 

輸入商品もたくさんあります。
パッケージが日本語じゃないんです。(当たり前ですが)

地域限定なんてあるんですね!

とにかく、お人形、家具、衣装、小物がたーっくさん!

 

その他に販売されていたものをザッと挙げると

大図鑑
ポストカード
ノート
メモ帳
シール
マスキングテープ
巾着
ポーチ
トートバッグ
ペンケース
ブランケット
ハンカチタオル
Tシャツ
ペン
消しゴム
えんぴつ
スマホケース
ミラー
お名前はんこ
ランチマット
お弁当箱
レターセット
じゆうちょう
コースター
キーホルダー
ヘアゴム
ポチ袋
パズル
ICカードケース
ICステッカー
クリアファイル
下じき
ペーパーナプキン

などなど
とにかく何でもあります。

図録には展示されていたものがコラボも含めて全部詳しく載っています。

 

高槻会場では、限定人形・先行販売品はおひとり様1商品につき2点まででした。

 

カゴいっぱいに入れて大人買いしている人もたくさんいましたよ。

お子様連れのパパさんが、限定のキュートカップルセットをお買い上げされていたり。

ちっちゃい子どもちゃんが「あかちゃんかう~」とか言ってるのも微笑ましかったし。

 

何回もグルグルして、30分はいました。

私以上にいた人もいました。

 

結局、何を買ったのかというと・・・

何も買ってません!笑笑

 

かーなーり悩んだんです。

欲しいコがいっぱいで。

手にとっては眺め、もとに戻し、また戻っては手にとってをくり返し。

 

特に輸入商品の、ブチウサギのジュース屋さんとか、しろウサギとうば車セットが気になって気になって。

しろうさぎなんて本当に可愛い。お母さんと双子の赤ちゃん。

 

でも、この家族をお迎えすると、私が持ってるショコラうさぎがひとりぼっちになってしまう。

そしたらまた増やしたくなってしまう。

増えるのが怖くて一生懸命抑えてるから・・・

 

ミニマリストに憧れているので・・・(笑)

 

でも、ちょっぴり後悔・・・

 

さいごに

大人になってもずっと可愛いと思っていたシルバニアファミリー。

子供の頃の憧れがずっと忘れられなくて、シルバニアデビューしたのがつい最近(8月)

 

私のはじめてのシルバニアはショコラウサギちゃん。

このアングルとか最高に萌える(*´ェ`*)

うさぎ大好き。

うさぎが欲しかったんです。

 

このコと、自分で作ったミニチュアフードを並べてひたっています。

 

ミニチュアフードはコチラのシリーズです。

 

またどこか、行ける場所で開催されたら行きたいと思っています^^

関西では2度も開催されたのですね。

京都でもやらないかな。

そのときは・・・我慢できず仲間をお迎えしてしまいそうです(笑)

 

ファンクラブ、入ろかな・・・(*´ェ`*)

 

2 COMMENTS

rin

シルバニアファミリー展があったとは存じませんでした~もう終わってるし・・・・・絶対行きたかったですが、emiさんのレポートだけでも十分楽しめました。感謝、感謝です。見たらきっと、二袋位荷物抱えて帰ってきそうです^^;京都でもぜひ開催して欲しいですよね。一日中でもいられそうです。

返信する
emi

rinさん
そうなんですよ~!私も偶然知って、これは行かねば!と。
本当、京都でも開催してほしいですよね^^
今回は何も買わなかったですけど、今度は連れて帰りそうです( *´艸`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください