ケノンの効果的な使い方とコツは?使用頻度や期間について解説

ケノンの効果的な使い方とコツ、使用頻度や期間についてご紹介します。

家庭用脱毛器は脱毛サロンや医療脱毛などに通わず、自宅で自分の好きなときにムダ毛ケアができるのが良いところですよね。

口コミレビューでも「もっと早く買えば良かった」という大満足の声が本当に多いんですよ♪

この記事では、ケノンを効果的に使うためのコツや注意点、使用頻度について解説していきますね。

 

\大人気の家庭用脱毛器ケノンはこちら/

スポンサーリンク

ケノンの効果的な使い方とコツ

ケノンシャンパンゴールド
>> 確実に最短で脱毛したい人が使ってる!?脱毛器ケノン

<ケノン セット内容>

・ケノン(KE-NON)光美容器 本体×1
・標準装着カートリッジ(スーパープレミアムカートリッジ)×1
・ゴーグル(サングラス)×1
・電源コード×1
・クーリングパック(保冷剤)×2
・取扱説明書(保証書付)×1
・付属品収納ポーチ
・本体サイズ:W290mm×D215mm×H90mm
・ハンドピース重量:120g
・本体重量:約1.87kg

ケノンは全身に使用することができます。

ですが一度に全身を脱毛しようとすると相当な時間がかかってしまいますよね。

それでめんどくさくなって長続きしない原因にもなるので、部位をわけて毎日少しずつムダ毛ケアをしていくといいですよ♪

焦らず気長に続けていくことが一番大切です。

 

ケノンの効果的な使い方

 

ケノンの使い方はとても簡単なので、自分で脱毛するのが初めての方でも安心して使うことができますよ♪

ケノンの使い方

STEP①
脱毛したい箇所のムダ毛を剃る
STEP②
カートリッジをセットする
STEP③
照射レベルを設定する
STEP④
脱毛箇所を保冷剤で冷やす
STEP⑤
保護メガネをかける
STEP⑥
ケノンを肌に当てて照射する
STEP⑦
照射した箇所を保冷剤で冷やす
STEP⑧
照射後の肌を保湿する

1つずつ詳しく説明しますね。

 

ケノンの効果的な使い方①脱毛したい箇所のムダ毛を剃る

まず、ケノンで脱毛したい箇所のムダ毛を剃っておきます。

二度手間?と思うかもしれませんが、毛が残った状態でケノンを使うと毛が焦げてヤケドの恐れや痛みを強く感じることがあるので必ず剃ってくださいね。

ケノンの光は黒いものに反応するようになっているためです。

カミソリを使うと肌が荒れてトラブルを起こす原因になってしまうので、電気シェーバーがおすすめ♪

 

>> レディースシェーバーランキングを楽天で見る

>> レディースシェーバーの売れ筋ランキングをAmazonで見る 

肌に負担をかけないよう、優しく剃りましょう。

 

ムダ毛を剃ったあとの肌には何もつけない状態にしておきます。

ほくろやシミがある部分もケノンの光が当たらないように注意してください。

小さく切った絆創膏やシールなどを貼っておくといいですよ。

 

ケノンの効果的な使い方②カートリッジをセットする

ケノン本体にカートリッジを取り付けます。

ケノンのカートリッジは全部で5種類。

  • スーパープレミアム
  • ストロング
  • エクストララージ
  • ラージ
  • 美顔スキンケア

脱毛範囲や使用用途によって、使いたいカートリッジをセットしてくださいね。

スーパープレミアムは購入時に付いてくるカートリッジです。

その他4種類のカートリッジは別売りとなっています。

 

▼カートリッジを交換すれば、ケノン1台で美顔器にもなりますよ♪

ケノンの効果的な使い方③照射レベルを設定する

ケノンの照射レベルは1~10段階で設定できるようになっています。

最初は必ずレベル1からはじめてくださいね!

レベルが強いほど効果も出やすくなりますが、痛みも強くなります。

効果優先にして痛みをガマンするのはNGですよ。

脱毛できてもお肌が傷んでしまったら何の意味もありませんからね・・・

様子を見ながら少しずつレベルを上げるようにしてください。

 

ケノンの効果的な使い方④脱毛する箇所を保冷剤で冷やす

ケノンを照射する前には、保冷剤で肌をしっかり冷やします。

10秒程度が目安です。

感覚がなくなるほど冷やしておくと、照射したときに痛みを感じにくくなりますよ。

 

ケノンの効果的な使い方⑤保護メガネをかける

ケノンを照射するとき、強い光が出ます。

この光はメラニン色素に反応するので、光を直視しないでくださいね。

目を保護するために付属の保護メガネ(サングラス)をかけましょう。

保護メガネをしていても光を見るのはNGです。

照射するときに目をそらしたり目を閉じたりするといいですよ。

 

ケノンの効果的な使い方⑥ケノンを肌に当てて照射する

すべての準備が整ったら、ケノンを肌に当てて照射ボタンを押します。

このとき、ケノンのハンドピースと肌が垂直になるように当ててください。

強く押し当てないように要注意です。

 

ケノンの効果的な使い方⑦照射した箇所を保冷剤で冷やす

ケノンで照射した箇所は軽いヤケドのような状態になっているので、保冷剤でしっかり冷やしましょう。

あとは、脱毛したい箇所を「冷やす→照射→冷やす」順番にくり返していくだけです♪

 

ケノンの効果的な使い方⑧照射後の肌を保湿する

ケノンを照射したあとは、肌にかなりダメージを与えています。

化粧水やクリームなどで肌をしっかり保湿してくださいね。

 

>> 保湿ローション ランキングを楽天で見る

>> ボディローション・ミルクの売れ筋ランキングをAmazonで見る 

ケノン 使い方のコツ

ケノンを効果的に使うために、コツや注意点を理解しておくことが大事です。

  • 毛周期に合わせて脱毛する
  • カミソリや毛抜き、ワックスなどで自己処理をしない
  • ケノンを使用前の肌には何もつけない
  • ケノンの照射前後は保冷剤でしっかり冷やす

1つずつ詳しく説明しますね♪

 

毛周期に合わせて脱毛する

体毛には「毛周期」というサイクルがあります。

だいたい3週間~1ヶ月程度かけて「成長期→退行期→休止期」というサイクルをくり返しているのですが、成長期に合わせて脱毛することで満足できる効果を実感することができますよ。

脱毛後は退行期・休止期だった毛が再び成長期に入るので、2週間に一度を目安に脱毛していきましょう。

少しチクチクと生えてきた毛が成長期の毛です。

 

カミソリや毛抜き、ワックスなどで自己処理をしない

ケノンで脱毛する前にムダ毛を剃るときは、電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーを使うときも、肌に負担をかけないように優しく剃りましょう。

カミソリや毛抜き、ワックスなどを使用すると肌や毛穴を痛めてしまうので避けてくださいね。

 

>> レディースシェーバーランキングを楽天で見る

>> レディースシェーバーの売れ筋ランキングをAmazonで見る 

 

ケノン使用前の肌には何もつけない

ケノンを使用する前の肌はしっかり洗って何もつけない状態にしておきます。

化粧品やローション・クリームなどの油分が残っていると、照射したときに皮膚の深い部分まで届かない可能性があります。

日焼け止めや制汗剤の使用もNGです。

照射後には化粧水やクリームなどでしっかりと保湿をしてくださいね。

 

>> 保湿ローション ランキングを楽天で見る

>> ボディローション・ミルクの売れ筋ランキングをAmazonで見る 

 

ケノンの照射前後は保冷剤でしっかり冷やす

ケノンで脱毛する前には、保冷剤で肌をしっかり冷やしておくことで痛みが出にくくなります。

肌の感覚がなくなるほど冷やすことがポイント。

照射レベルを強くしても痛みを感じなかったという声がありますよ。

ですが、絶対にムリはしないでくださいね!

照射後の肌はほてった状態になっているので、再度しっかり冷やしてください。

 

\初心者でも簡単に脱毛できる♪/

ケノン 使い方の注意点

ケノンは全身に使用することができますが、照射できない場所もあるので注意してください。

ケノンで照射できない場所

  • ホクロやシミ
  • 黒ずみ
  • 日焼けした肌
  • 粘膜

ケノンの光は黒いものに反応するため、ホクロやシミ、黒ずみがある部分には使用しないでくださいね。

ヤケドの危険性があります。

ほくろやシミがある部分には、小さく切った絆創膏やシールを貼っておくといいですよ。

また、日焼けをした肌に照射することも危険です。

傷や粘膜に照射することもNGです。

 

ケノンを使用するときは以下のことに気をつけましょう。

ケノン使用時の注意点

  • ムリして照射レベルを強くしない
  • ハンドピースを強く押し当てない

効果が出そうだからといって、ムリして照射レベルを強くするのはNGです!

痛みの感じ方は人それぞれ。レベル10で痛みを感じないという人もいますが、痛みをガマンしてまでムリするのは危険なのでやめてくださいね。

必ずレベル1からはじめて、ムリのないように少しずつレベルを上げるようにしてください。

また、ハンドピースをギューっと強く押し当てるのもヤケドしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

軽く当てるように、肌とハンドピースが垂直になっていたら大丈夫です。

 

そして、ケノン照射後24時間は次のことを避けてください。

ケノン使用後24時間は避けること

  • 紫外線を浴びる
  • 激しい運動
  • 入浴・サウナ

ケノンを照射後に外出するときは、日焼け止めをしっかり塗って紫外線の影響を受けないよう注意しましょう。

また激しい運動や入浴・サウナも避けてくださいね。

 

紫外線の影響を受けないためにも、本当は紫外線が少ない季節(秋~冬)に脱毛するのが一番いいんですよね。

ムダ毛が気になる季節(夏)に焦ってムダ毛ケアしても、ツルツルのお肌には間に合いませんし・・・

冬は肌の露出が少ないのであまりムダ毛を気にすることもありませんが(笑)

夏に向けて脱毛していくのがベストです♪

 

\正しく使ってツルツルお肌を目指そう♪/

ケノンの使用頻度や期間は?脱毛効果はいつから出る?

ケノンの公式サイトの中でも、使用頻度は「2週間に1度」や「1週間に1度」と書かれていることが違うんですよね(;・∀・)

はじめにもお話したように体毛には毛周期があるので、数多く照射すれば脱毛が早くできるわけではありません

なので「2週間に1度」を目安に、ご自身のお肌の様子を見ながらムリなく使用してください。

使いすぎは肌荒れや火傷をしてしまうだけなので、焦らず続けていきましょう。

体毛の濃さや量など個人差にもよりますが、2週間に1度のペースで3ヶ月ほど続けていたら少しずつ毛の生えるスピードが遅くなってきたという声が多いですよ♪

生えてくる毛も細く柔らかくなっていくので、徐々にムダ毛が気にならなくなっていきます。

照射する回数も減っていくので、根気強くお手入れしていきたいですね^^

 

\ケノン公式サイトはこちら/

ケノン
>> 自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

 

ケノンの効果的な使い方とコツ 使用頻度についてまとめ

ケノンの効果的な使い方とコツ、使用頻度についてご紹介しました。

脱毛初心者さんでも簡単に使えるようになっているので安心です。

2週間に1度の使用頻度を目安に、コツや注意点を守って正しく使用していきたいですね。

ケノンはカートリッジを交換するだけで、脱毛器にも美顔器にもなるスグレモノ☆

1台で2役になるのは嬉しい!^^

 

ケノンの口コミレビューは「怪しい」という声もありますが・・・

決してやらせやサクラではないので安心してくださいね♪

詳しくはこちらの記事にまとめています。

「大満足」の声が圧倒的に多いですよ♪

ケノンでツルツルのお肌を手に入れましょうヾ(*´∀`*)ノ

 

\もっと早く買えば良かった!の声が多数/

 

ムダ毛ケアとともに、汗対策も大事ですよね!

私が使ってみて良かったと思う制汗剤はこちらの記事に書きました。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください