Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フェイクスイーツ りんごの作り方と100均の材料をご紹介

粘土で本物そっくりに作るフェイクスイーツ。

今回は「りんご」の作り方をご紹介します。

 

りんごはいろんなスイーツのトッピングにも活用できて何かと便利ですよね。

材料は100円均一ショップで売っているものでそろえることができますよ。

写真で手順を解説しています!

可愛いりんごを作ってみてくださいね^^

 

フェイクスイーツ りんごに必要な100均の材料は?

ではまず、りんごを作るのに必要な材料をご紹介します。

・粘土マット(クリアファイルで代用可)
・樹脂粘土
・アクリル絵の具(黄色・赤色)
・ニス(ネイル用トップコートでも可)
・つまようじ
・カッターナイフ
・筆(スポンジでも可)

 

すべて100均でも売っているものばかりです!

 

今の100均って本当に何でも売っていますよね~。

ハンドメイドコーナーもどんどん充実していて、良いことです( *´艸`)

 

スポンサーリンク

フェイクスイーツ りんごの簡単な作り方!

それでは材料がそろったところで、りんごを作っていきましょう~♪

 

りんごの作り方

. 作りたい大きさの樹脂粘土をよくこねます。
最初によくこねておくことで、ひび割れを防ぐことができます。

. 黄色のアクリル絵の具を少量つまようじの先に取り、粘土に混ぜてよくこねます。
乾燥すると色が濃くなるので、イメージより薄く着色しましょう。

. 丸めた粘土に爪楊枝を刺して1~2日乾燥させます。

 

乾燥させるときは、スポンジなどに刺しておくと乾燥させやすいです。

これはメラミンスポンジを使っています。(いちごのときの写真ですが)

 

. 粘土が乾燥したらアクリル絵の具で色を塗ります。

完全に乾燥させてしまうと硬くなりすぎてカットできなくなるので、押しても形が変わらない程度まで乾燥させます。

この乾燥具合が難しいです^^;

爪楊枝が刺さっている周辺は残して、赤色の絵の具で塗っていきます。

筆を使ってもいいですし、スポンジでポンポン叩くように塗ってもOKです。
私は筆を使っています。

下手すぎて・・・ベタ塗りになってしまいました^^;

 

もっと絵の具をムラにした方がいいですね。

これはなかなかうまくいったかな。

↑このときに作ったりんごです。

 

. 絵の具が乾いたらニスかトップコートを全体に塗り、乾いたら爪楊枝を外します。

ツヤツヤ。

なんかミニトマトみたいですね

もっとムラができるように塗るとリアルさが出ます(笑)

 

. りんごをカットします。

カットするときに、りんごが転がることがあります。
カッターナイフの刃で手を切らないように充分注意してくださいね

本物のりんごを切る要領で6等分か8等分に切ります。
(お好みで。)

イメージ図↓

ここでは8等分にしました。

ちょっと粘土が柔らかかったようで・・・
変形してしまいました(^_^;)

何とか指でギュギュッと整えましょう(笑)

 

. 真ん中の芯の部分を∨の字にカットします。

お好みで両端も少しカットします。

 

. りんごの完成です!

色の塗り方が気に入りませんが(笑)

カットりんごっぽくなりました♪

 

うさぎりんごの作り方

もうひと手間かけて、うさぎりんごを作りましょう。

 

. りんごの実と皮の間に沿ってカッターで半分ぐらい切れ目を入れます。

※手を切らないように要注意!!

 

. 皮をめくって∨の字にカットします。

 

. これだけで、かわいいうさぎが完成です!

 

スイーツに添えてもいいですし、うさぎりんごをそのままアクセサリーに加工してもカワイイですよね^^

いろんな使い道ができそうです。

 

まとめ

樹脂粘土で簡単なりんごの作り方をご紹介しました。

丸めて色を塗ってカットするだけなので簡単ですよね♪

100均にある材料だけで作ることができるので、気軽に挑戦できます。

私は色塗りが苦手なので、もっと練習して極めたいです(≧∇≦)b

 

簡単に作れるものをコチラにまとめています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください