汗染みが目立たない色や素材は?汗かき女性におすすめ服装の選び方!

私はかなり汗かきで困っているのですが、汗が凄いことを話すと「痩せてるのに?」と言われます。
汗かきに体型は関係ないんですよね。
また、「汗をかくのは良いこと」とも言われますが、限度というものがありますし^^;

そんな汗かきの私が困るのは服選び。

私が服を選ぶ時の基準は「汗染みが目立たないか」です。
汗染みがすごくて恥ずかしい思いを何度もしました・・・

少しも汗がわからないというのは難しいと思いますが、色や素材やデザインによって汗染みを目立ちにくくする服を選ぶことが重要です。

そこで今回は、汗かき女性必見!汗染みが目立ちにくい夏の服の選び方についてお話しします。

 

汗染みが目立たない色は?

よく知られていることだと思いますが、汗かきにグレーはNGです!
私も絶対選びません。
たとえ冬でも。

ちょっと憧れの色でもあります(笑)

その他にも淡い色(薄い色)は汗が目立ちます。
水色、ピンク、オレンジ、カーキ、など。

なので、できるだけ濃い色を選びましょう。
濃い色は濡れても色が変わったことがわかりにくいです。

特に汗が目立ちにくい色は次の3種類です。

 


暗くて暑そうに見えますが、着回しもできるし使いやすい色です。
着古して色が落ちたような黒は汗染み目立つので気をつけましょう。
ただ、黒って汗をたくさんかいて乾くと塩のように白くなってしまうことがあるんですよね。
これも困るのですが・・・(^_^;)


紺色(ネイビー)も濃い色を選べば黒と同じく汗染みは目立ちにくいです。
薄い紺色は目立つので要注意です。


薄い色でも白なら汗染みが目立ちにくいです。
見た目にも爽やかですよね^^
ただし汗をかいて放置しておくと黄ばみの原因になるので、洗濯はお早めに。

 

この黒・ネイビー・白の3種類は、汗をかいても比較的目立ちにくいのでどれかを選ぶと安心です!

 

ただ濃い色は汗をかくと塩染みが目立ってしまうんですよね・・・

そんなときの対策方法はコチラをご覧ください。

 

そして単色よりも細かい柄物にするとさらに目立ちにくくなります。
ボーダーやドット、小花柄など。
あまり柄が細かいとチラチラして目が疲れることもありますが(笑)

何色だと汗染みが目立つかな?と悩んだ場合は、洗濯して濡れた状態と同じ色になると思うとわかりやすいのではないでしょうか^^

 

スポンサーリンク

汗染みが目立たない素材は?

汗染みが目立ちにくい服を選ぶには、素材も意識してみましょう。

夏になると麻や綿素材を多く使った服が増えますよね。
それは風通しが良くて涼しい素材だからなのです。

綿100%でも分厚い生地では暑いので、薄い生地のものが風通しが良くなるので涼しいです。

そして麻や綿は吸水性が良いので汗をよく吸収してくれます。

ですが速乾性があまりないため、濡れるとなかなか乾かず汗染みが目立ってしまうのです。

 

ポリエステル100%は吸水性がないため、グレーでも汗染みが目立ちにくいんですって!

でもポリエステルって汗を吸わないし、熱がこもって暑くて逆に汗がヒドイことになるのでは?
と心配・・・
私もずっとそう思っていました。

ですが最近は、ポリエステルでも編み方で通気性や速乾性の高い生地が増えていますし、綿や麻と変わらない涼しさの化繊も多く存在しています。

吸汗速乾タイプのものなら汗をかいても乾く時間が早いので、不快感も減りますね。

素材だけでは比較できないので、色やデザイン、着心地を重視すると良さそうです^^

 

汗かきの女性におすすめの服装の選び方!

洋服の汗じみを目立ちにくくする方法として、よく「汗脇パッド」などをおすすめされることがありますが・・・
本当の汗かきにはそんなものでは意味がないほど追いつかないんですよ(笑)

 

さらに私は肌が弱いので制汗剤などはかゆくなって無理なんですよね(;´Д`)

制汗剤は良くないということも聞いたことがありますし。

 

でもこの制汗剤が良いらしくてちょっと気になっています。

 

それに、汗をかくのは脇だけではありません。
背中も胸もお腹もあらゆるところに汗をかきます。

かなりの汗かき代表と言っても過言ではないほど。

そんな汗かき代表を自覚する私が服を選ぶときは素材だけではなく、デザインも重要です

 

身体にフィットする洋服はスタイルが良く見えていいのかもしれませんが、ピッタリしているぶん汗を吸収しやすいので汗染みが目立ちやすくなります。

なのでワンサイズ大きめのものを選ぶか、ふんわりしたデザインの服がおすすめです。
麻や綿素材でも肌への密着が少なくなることで汗を吸収する量も抑えられます。

ゆったりしていると風通しが良くなり、汗も乾きやすくなりますよね^^

薄手のサマーニットやレースなど透け感のある服なども通気性が良いです。
なるべく生地が薄いものを選びましょう。

 

「汗ジミ防止加工」が施されたシャツなども今は増えていますよね。

【楽天市場】汗染み防止加工トップスおすすめを見る

 

噂では服に防水スプレーをすると汗を吸収しないから汗染みができないと聞いたことがありますが・・・
なんか蒸れそうで(^_^;)
まだ試したことはありません。

 

そして薄い生地のものを羽織ったり重ね着をすることでも汗染みをごまかすことができます。

ただし重ね着でも決して汗が目立つ色を選ばないように!
グレーのパーカーでとんでもないことになった経験がありますので(;´Д`)
中に着てるから大丈夫かなと思ってしまったのが甘かった・・・

 

ボトムスを選ぶ場合もトップスと同じで、汗が目立たない色、涼しくて速乾性のある素材、ゆったりしたデザインのものを選びます。
スカートの方が涼しいと思いますが、私はパンツ派なので上記を意識して選んでいます。

ピッタリしたデニムなんて絶対ムリ~!(*_*)

 

そして、素肌に服を着るのではなく、インナー(肌着)も着るようにしましょう。
余計に汗をかくのでは?と思われるかもしれませんが、インナーが汗を吸ってくれるので、服の汗染みを目立ちにくくする役割もあるんですよ。
肌のベタつきも軽減してくれます。

インナーは吸汗速乾タイプのものがおすすめです。
ポリエステルが多くてもサラッとした肌触りで着ることができます。

【楽天市場】吸汗速乾インナーおすすめを見る

 

綿100%は涼しくてお肌にも優しいのですが、速乾性がないのでいつまでも汗で湿って不快です。

インナーにも汗脇パッドが付いているものもありますね。
まぁ私はそれも追いつかないほどですが(笑)少しは吸収する分マシになるかな程度です。

キャミソールでは面積が少ないので、背中の上の方まであるタンクトップを選ぶことが多いです。

 

そして長時間座っているとおしりや太ももの汗染みも気になるので、ショートパンツ型の吸汗速乾インナーを着用するようにします。

太もも同士が汗でベタつく・・・ということも解消してくれますし、透け感が気になる場合にも役立ちますよ^^

ストッキングなんて・・・当然ムリです。
下ろしたら最後。二度と上げられません(笑)

 

まとめ

汗染みが目立ちにくい服の選び方をまとめると

  • 色は黒・紺・白
  • 無地より柄物
  • 風通しが良くて速乾性がある生地
  • ふんわりゆったりしたデザイン

以上を意識して服を選ぶようにすると、少しは快適に過ごすことができるはずです。

 

私の夏服は、白や黒でふんわりしたデザインが多いです。

それでも100%汗が目立たないということはありませんし、近くで見たら汗をかいていることはバレます。

カバンを肩からかけているとカバンのヒモ型に汗染みができていたりもします(笑)
リュックなんて・・・想像つきますよね(ノ∀`)

汗をかくのはしょうがないと割り切ることも大事です。

人間だもの(笑)

気にしすぎると疲れますしね。

 

ただ、汗をかいているのに何もしないのも印象が悪くなりますので、必ずタオルなど持参して、こまめに拭くことを心がけましょう。

何よりも清潔感が大事です^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください