Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたのアカウントは制限されています Appleメールは本物か詐欺か?対処法は?

携帯のキャリアメールアドレス宛に、Appleからメールが届きました。

Appleが何のお知らせ?

内容を読むと、どうも怪しい…。本当にApple?

「24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。」などと不安を煽ることが書いてありました。

でも騙されないで!

フィッシング詐欺の可能性があります!

あなたのアカウントは制限されています」差出人は本物のApple?

Appleから届いたメールの内容は以下のとおりです。

件名:あなたのアカウントは制限されています

拝啓、

私たちは、あなたのアカウント情報の一部が誤っていることをお知らせしたいと思います。私たちは、あなたのアカウントを維持するためにお使いのApple ID情報を確認する必要があります。下のリンクをクリックしてアカウント情報を確認してください。:

マイアカウント情報 >

私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、アカウントがロックされます。Appleチーム

と書かれています。

えっ!アカウントがロックされる!?

何だか心配になるメール内容です。

 

でも文章が何だかおかしいですよね。

「拝啓、」って大きく書かれてあるし「、」は何?(笑)

 

差出人は「確認Apple.com」何それ?(笑)

アドレスを見てみると

 

やたらと長いです。Appleの文字がどこにも見当たりません。

基本的にAppleからのメールドメインは最後に「apple.com」が付くようです。

ただし、「apple」が入っていても偽物の可能性がありますので、焦らずに確認しましょう。

 

-追記-

Appleに報告するため転送しようとすると、このメールの返信先が「〇〇~@apple.com」になっていました。



あなたのアカウントは制限されています」リンク先は詐欺じゃない?

Appleを装うメール本文に書かれているリンクを確認してみました。

パソコンの場合マウスをリンクの上に乗せるとURLを確認することができますが、スマートフォンの場合はリンクを長押しするとURLを確認することができます。

表記されるURLがおかしい。

「babibubebo」って(笑)

そして本文一番下の「My Apple ID」「サポート」「プライバシーポリシー」の部分は一見リンクが貼ってあるような感じですが、何も貼られていません。

 

リンク先へ行くと、IDやパスワード、氏名、住所、電話番号、クレジットカード番号などの入力を要求されるようです。

絶対にリンクは押したらダメです!完全にフィッシング詐欺ですから。

もし開いてしまったら、すぐ閉じましょう。

 

-追記-

何度か同じ差出人名で同じ本文のメールが届いていますが、差出人アドレスやリンクURLは毎回違います。

 

フィッシング詐欺に注意

フィッシング詐欺とは、送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。

出典:総務省 国民のための情報セキュリティサイト

フィッシング詐欺に引っかからないための対処法は?

Appleを装って「あなたのアカウントは制限されています」という件名のメールが届きましたが、Appleに限らず誰もが知っている大手企業の名前を装ってのフィッシング詐欺は他にもたくさんあります。

リンクを開いて表示されるページが本物と変わらないケースも増えているようです。

もし詐欺メールかどうか見分けがつかないようなら、メールのリンクから行わずに公式サイトから行うと安心です。

 

少しでも疑わしいようなら、リンクをすぐ開かずに、まずは件名や差出人をネット検索してみましょう。

  • メールの内容をよく確認する
  • メールアドレスが本物かどうか確認する
  • メール本文にあるリンクが本物かどうか確認する

 

以前、友人が「登録した覚えのないサイトからメールが来て、配信解除したら迷惑メールめっちゃ来る~!」と言った時はビックリしました。

私がそれはそういう手口だと説明したら納得していました。

何の疑いもなく、入力してしまうんですよね。私はそういう類のメールは放置(削除)しますけど(笑)

幸い友人はアドレスを入力しただけだったそうですが。

 

メールが届くだけならまだマシですが、万が一その他の個人情報等を入力してしまったら

  • 銀行・クレジットカード会社への連絡(入力した場合)
  • パスワードの変更(必ず本物のサイトから)

など、出来る限りのことはした方が良いですよね。

 

Apple公式サイトでは、詐欺に引っかからないための注意点や対処法、疑わしいメールを受信した場合などの報告方法などが紹介されています。

フィッシングメール、ウイルス感染の偽警告、偽のサポート電話などの詐欺に遭わないようにする >> https://support.apple.com/ja-jp/HT204759

 

本物と見分けが付きにくい巧妙な手口に騙されないよう、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください