Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

木梨憲武展 滋賀 佐川美術館の見どころや初日の感想【レポ】

2018年から2020年にかけて全国を巡回している木梨憲武さんの展覧会(個展)

「Timing -瞬間の光り-」の滋賀会場が2019年4月6日からスタート!

 

私は2018年7月~8月の大阪も行きましたが、新作などなど楽しみにしていました^^

初日に行った感想など振り返りレポートをお伝えします。

 

木梨憲武展 滋賀県 佐川美術館

開催概要

木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-

【会期】

2019年4月6日(土)~5月19日(日)

午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

【休館日】

月曜日(4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

【HP】

木梨憲武展 公式HP

佐川美術館

 

チケット料金

チケット料金当日前売
一般1,000円900円
高大生600円500円
中学生以下無料(ただし保護者の同伴が必要)無料(ただし保護者の同伴が必要)

  • 価格はすべて税込
  • 専門・専修学校は大学に応じる
  • 障害者手帳をお持ちの方(要提示)、付添者(1名様のみ)は無料
  • 団体(20名様以上)は200円引き

 

◆前売券販売期間:3月25日(月)~5月18日(土)

セブンチケット

 

アクセス

住所:滋賀県守山市水保町北川2891

JR湖西線 堅田駅 下車、江若交通バスまたはタクシーにて約15分

堅田駅~佐川美術館 バス料金 ¥400

堅田駅 バスのりば 案内図

堅田駅 → 佐川美術館 バス時刻表

佐川美術館 → 堅田駅 バス時刻表

JR東海道本線(琵琶湖線)守山駅 下車、近江鉄道バスまたはタクシーにて約35分

守山駅~佐川美術館 バス料金 ¥460

守山駅 バスのりば 案内図

守山駅 → 佐川美術館 バス時刻表

佐川美術館 → 守山駅 バス時刻表

※バスはいずれも一時間に一本程度の運行ですので、お気をつけください。

 

スポンサーリンク

木梨憲武展 佐川美術館の内容は?

 

道の途中にも看板がありました。

この後ろは桜並木なのですが、滋賀はまだ桜が満開ではなくて。

満開の桜と憲武さん撮りたかったな( *´艸`)

 

 

開館は午前9時半から。

初日ということもあってか、長蛇の列です。

9時半少し過ぎた頃、いよいよ開館。

ゲートを通って中へ入ります。

 

佐川美術館は、水の上に浮いているような建物なんですよ!

琵琶湖のすぐ近くにあり、とても綺麗な美術館です。

(電車で行くにはちょっと不便な場所ですが^^;)

 

良いお天気だったので、水面がキラキラして本当に綺麗でした。

 

 

中へ入って、展示室まで歩いていくと・・・

 

入り口で、憲武さんのお出迎えが!

一人ひとり握手してくださいました!!

嬉しすぎー!!

この場所で。

憲武さんの Instagram にもあがっていましたね^^

 

帽子屋さんでおなじみの栗原さんがいらっしゃって、

一般客にまざって並んで憲武さんと握手しようとしたら

憲武さんに殴られていました(笑)

 

憲武さん、いいニオイしたな(*´ェ`*)

 

興奮冷めやらず・・・

 

この先で音声ガイドを借りることができます。

憲武さんとLiLiCoさんとの楽しいトークが繰り広げられ、

製作の裏話などが聞けたり、笑えたり。

おすすめです^^

音声ガイド

■所要時間:約40分
■当日貸出価格:550円(税込)

 

ここを入ってからは、一切撮影禁止です。

どの場所も禁止です。

 

他の会場は撮影OKなのに・・・?

 

最初は混み合っていましたが、ゆっくり見ているうちにガラガラになる時もあり

初日のわりに比較的、ゆったりと観る事ができました。

 

きっと平日に行けば、かなりゆったり観ることができそうです。

 

滋賀で新たに書き加えられたメッセージや

5日と6日に描かれた新作など。

 

View this post on Instagram

 

木梨憲武展さん(@kinashiten)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

木梨憲武展さん(@kinashiten)がシェアした投稿

この「ばんくしー にせもの」みつけた瞬間、笑ってしまいました^^

カワイイ。大好き(*´ェ`*)

 

REACH OUTの大きい手の風船は、黒く汚れていました。

各会場を回ってきた証ですね^^

この会場では撮影できませんでしたけど、

手に持って撮った写真をSNSでたくさん見かけました。

 

展示場を出てすぐのところに、募金箱があります。

 

View this post on Instagram

 

木梨憲武展さん(@kinashiten)がシェアした投稿

 

そして、ガチャガチャコーナーとグッズ売り場へと繋がります。

 

グッズ売り場は少し混雑していましたが、大阪ほどではなかったです。

欲しいものがたくさんありすぎて困るんですよね~(*´ェ`*)

 

撮影コーナー

リアルな憲武さん。

 

メッセージコーナー

付箋にメッセージを書いて、木に貼ります。

最初のこの木が、しばらくしたらカラフルになりました♪

ここにも憲武さんのメッセージ

 

展覧会って、一度出たら後戻りはできませんが

ここは構造的に何回でもグルグルできそうな感じですよ。

 

 

カフェがあるので休憩もできます。

このカフェで、こんなメニューをみつけました。

木梨憲武氏が大好きな“Hawaii”にちなんだソーダーとソルベです。

  • パインビネガーソーダー
  • パイナップルソルベ

他にも、めずらしいドリンクなどがあって、ちょっと気になっています。

 

どこを見ても、水上にいるみたい。

 

木梨さんは初めて個展を開く佐川美術館の印象について「周りにはきれいな琵琶湖があって、広くて上品と感じた」と話し、「自然光が取り入れられた広いギャラリーは初めて。作品がより広がりをみせている」と展示の出来栄えに満足げな様子だった。

出典:産経ニュース

 

本当に、自然光が取り入れられていて、作品たちの違った顔も見れた気がします^^

 

スポンサーリンク

木梨憲武展 佐川美術館の感想

憲武さんの個展は、以前観たことがあっても、何度でも楽しめる個展です。

新しく加わるものもありますし、その会場によっても配置が変わるので雰囲気も違いますよね。

 

何度見ても、新しい発見があるというか。

私の記憶力が悪いからかもしれませんが(笑)

 

憲武さんの頭の中を見てみたい。

発想がすごいなって。

 

ラジオ「木梨の会。」は京都からの生放送でしたね。

京都府民の私は嬉しかったです^^

(同じ京都といっても場所は全然遠いですが。)

今の時期の京都は本当、新幹線もホテルも大変だと思います。

 

ちょうど桜も見頃ですし、今日はお花見日和でしょうね。

満開かな?

(滋賀はまだ満開にはなっていませんでした。)

 

それにしても、何で撮影禁止なのでしょう。

会場によるのかな?

そのうち、解禁されるのかな?

 

私はまた滋賀の会期中に行くつもりをしています。

滋賀会場が終わる頃は新元号になってますね!

 

もう関西圏での予定はありませんが、何回でもみたいので

どこかの地域に行けたらいいなと思っています^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください