Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アンジェラ・ヘルナンデス(アメリカ)崖から転落事故!奇跡の結果はどうなった?

『奇跡体験!アンビリバボー』(1月24日放送)でアメリカに住むアンジェラ・ヘルナンデスさんが取り上げらる予定です。

 

75mの崖から車ごと転落した女性!

絶体絶命の状況で彼女に起きた奇跡とは!?

アンビリバボーな8日間に迫る!

引用:奇跡体験!アンビリバボー

ということで

アンジェラ・ヘルナンデスさんが

どのような事故に遭われたのか?

結果どうなったのか?

まとめました。

 

アンジェラ・ヘルナンデスさん 絶体絶命の危機!

 

【車ごと75メートル崖から転落した女性!!壮絶8日間】

肺が潰れ計6カ所も骨折!!警察も家族も必死の大捜索を行うもすれ違い…生還を信じる姉妹の絆!!全米が震かんした衝撃のラストとは!?

引用:奇跡体験!アンビリバボー

 

これは2018年7月のできごとです。

 

アンジェラ・ヘルナンデスさん(22歳)は

アメリカ・オレゴン州ポートランド在住。

 

 

南カリフォルニアに住む家族に会うため

車で向かっていました。

距離は、およそ 1500km。

 

 

1500キロって言われても

いまいちピンとこないですよね?

 

たとえば・・・

東京から沖縄県那覇市で

約1500キロ。

 

北海道から熊本で

約1500キロ弱。

 

相当な距離だということが

わかりますね!

 

 

●7月5日 午後10時ごろ

 

アンジェラさんから家族の元に

疲れたので、カリフォルニア州サンマテオ郡の

食料品店の駐車場で車内泊する

という連絡がありました。

 

 

 

●7月6日 午前8時ごろ

 

アンジェラさんは家族に

ドライブを続けると連絡をしました。

 

その後、連絡が途絶え、

携帯に連絡しても

留守番電話につながるようになったとのこと。

 

アンジェラさんは普段からSNSの更新頻度が高く

連絡が取れないことはまれだったため

家族が通報し、捜索を始めたそうです。

 

SNSをしていなければ

不審にも思われなかったということですよね。

 

 

モントレーでは深い霧のため

捜索は難航。

数日にわたって行われました。

 

 

●7月13日

 

カリフォルニア州ビッグサーを歩いていた2人が

崖下にSUV(スポーツ用多目的車)の

残骸を発見し、警察に通報。

 

 

ようやく、アンジェラさんを発見することができたのです!

 

スポンサーリンク

アンジェラ・ヘルナンデスさんに何が起こっていた?結果は?

アンジェラさんに何が起こっていたのでしょうか?

 

アンジェラさんが車で走行中

車の前に突然、小動物が飛び出してきて

それを避けるために急ハンドルを切ったところ

高さ75mの崖から転落してしまいました。

 

 

75メートル・・・

 

建物によって違いはあると思いますが

だいたい25階の建物の高さです。

 

考えただけで恐ろしいですね・・・

 

 

車が岸壁をバウンドして落下し

奇跡的に、命は助かりました

 

ですが、アンジェラさんは

肺がつぶれ

肋骨4本と両鎖骨を骨折

左肩を脱臼

という、聞いただけで痛くなるような重症。

 

 

アンジェラさんは

落下の衝撃で気を失っており

意識が戻ったときには

車の中に閉じ込められた状態で

膝の上まで水が上がってきていたとのこと。

 

車の窓はすべて閉じた状態。

慌ててシートベルトを外し

前席に置いてあった道具で

運転席側の窓を叩き

どうにか車の外に脱出して

海に飛び込み、岸まで泳いだところで

また意識を失ったのだそうです。

 

 

次に目が覚めたときはまだ明るく

このときにようやく何が起こったのか悟ったということです。

 

 

転落したのは人気もなく

車通りも少ない場所。

まわりは岩場で崖しかない。

体中が激痛でどうすることもできない。

助けが呼べない絶体絶命の危機。

 

こんな状況、あなたならどうしますか?

 

 

アンジェラさんは

それからの記憶は曖昧だったそうです。

 

誰かいないか岩場をうろうろして探し

崖の向こうに車が見えると

大声で叫びました。

 

75mも下の崖ですから

ちょっとやそっとじゃ気づかれないのだと思います。

 

 

3日もすると、

ジーパンはボロボロ

靴もないので靴下は穴だらけ。

さらに脱水症状も。

 

それでも、車に戻って

何か使えるものがないか探します。

 

25センチくらいの黒いホースを見つけました。

車のラジエーターのホースでした。

落下で車から外れたのでしょう。

 

※ラジエーターとは…液体や気体の熱を放熱する装置のこと。

(引用:Wikipedia

 

 

それまでよりもさらに歩いてみると

何やらポタポタという音が聞こえたんだそうです。

 

コケの大きな塊から雫が垂れていて

それを手で受け止め、舐めてみると

真水でした!

 

 

見つけたホースに雫をできるだけ溜め

毎日そうして水を飲んでいたんだそうです。

 

崖の上から落ちてくる水を集めながら

海辺を歩き、『助けて』と叫んでいました。

 

 

目が覚めたときに、

一人の女性が海辺を歩いていたのを見つけます。

 

このときアンジェラさんは、夢かと思ったそうです。

 

『助けてぇぇ!』と叫んでぱっと起き上がり、

彼女の方へ駆け寄りました。

 

彼女は男性と一緒にいました。

驚きながらも

彼女はすぐに助けを求めに行き、

その間、男性が一緒に残ってくれて、水をくれました。

 

海好きな夫婦で、散策しているときに

壊れた車を見つけたのだそうです。

 

 

やがて救助隊が到着して、

アンジェラさんはやっと助かりました!

 

崖から引き上げ、ヘリで近くの病院まで搬送。

そこでアンジェラさんは家族と再会し、

自分の怪我の具合を知ったそうです。

 

肺が潰れ、肋骨4本と両鎖骨の骨折の他、

目の血管は破裂し

さらに脳内出血が起きていたのだそうです。

そして手足と顔にひどい日焼けを負っていました。

 

それでも、その日の最後にはそんなことどうでもよくなっていた。

私は自分が望むものをすべて持っているような気がした。私は今、病院で座って、妹と骨折した骨が痛むくらい笑っている。

その体験は恐ろしくも、滅多に味わえないものだ。もはや私はこの人生には大きな意味があるのだと想像せざるをえなくなっている。とにかく人生は素晴らしい。

出典:Angela Hernandez(Facebook)

とアンジェラさんは語っています。

 

過酷なサバイバル生活の中で

妹さんの存在が心の支えとなり

ずっと名前を呼んでいたそうです。

 

 

アンジェラさんが

そのときの様子を

Facebookに投稿しています。

 

出典:Angela Hernandez(Facebook)

 

 

車はこんなにヒドイ状態でした。

出典:Angela Hernandez(Facebook)

 

そして、

この写真の真ん中に写っている黒いホース

アンジェラさんは水を汲んでいました。

出典:Angela Hernandez(Facebook)

 

 

かなりの重傷を負いましたが

生きていることの素晴らしさを

実感したのだといいます。

 

本当そうですよね・・・

助かってよかった!

 

スポンサーリンク

まとめ

『奇跡体験!アンビリバボー』で取り上げられた

アンジェラ・ヘルナンデスさんについて

お伝えしました。

 

アンジェラさんのFacebookを拝見すると

現在も投稿されています^^

英語なので読めませんが(笑)

お元気そうで何よりです!

 

 

75メートルもの高さから

車ごと落下するなんて

本当におそろしいことです。

 

かなりの重症にも関わらず

何日も誰もみつからない状態・・・

生きた心地がしなかったでしょうね。

 

「不幸中の幸い」なんて

軽い言葉じゃすまない気がします。

 

本当に、生きていることは素晴らしい!

それを忘れず

日々頑張って過ごしていきたいと思いました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください