Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オリオン座流星群2019京都の見頃ピーク時間や方角は?天気も気になる!

オリオン座流星群は毎年10月中旬から下旬頃に見られる流星群です。

明るい流星が多く観測しやすいので、おすすめの流星群なんですよ。

 

では、そのオリオン座流星群が見られる時間や方向は?天気はどうなの?

気になりますよね。

ここでは京都を中心とした情報をまとめました^^

 

オリオン座流星群2019 京都の見頃ピーク時間やよく見える方角は?

【流星群とは(ショートバージョン)国立天文台】

 

オリオン座流星群 見頃ピークの時間

2019年のオリオン座流星群は、10月22日(火)午前8時頃に極大(ピーク)を迎えると予想されています。

もちろん朝には見えませんので22日の0時過ぎから明け方までが観察のチャンスです!

 

ただ今年は下弦の月(半月)が出ているため、条件は良くありません。

あまり数多くは期待できないようです。

 

条件の良いところで1時間に5~10個程度、それ以外のところでは数個ほど見えるとされています。

 

関西地域で星空が綺麗に見える場所をコチラの記事の後半にまとめています。

 

極大以外の日時でも流星が出現する可能性はあるので、ピーク前後の夜は空を眺めてみてはいかがでしょうか。

 

オリオン座流星群 よく見える方角

流星は放射点を中心に出現しますが、その付近だけではなくどの方向にも現れます。

ただ今年は月明かりの影響を受けやすいので、月が直接視界に入らない方を向いて明かりを避けるように観察しましょう。

 

市街地の明かりなどが視界に入らない場所でなるべく空の広い範囲を見渡し、いつ出現するかはわからないのでできるだけ長く観察を続けます。

 

屋外の暗さに目が慣れるまでは星空も見えませんので、最低でも15分ぐらいは待ちましょう。

徐々に目が慣れてきます。

その間、スマホなど見てはいけません!

暗さに慣れた目がリセットされてしまうので要注意です。

 

長時間、上を向いたままの姿勢でいると負担がかかるので、レジャーシートに寝転んで観察するのもいいですね。

(くれぐれも安全な場所で!)

大声を出したり、立入禁止の場所に入ったりしないよう、マナーは守りましょう。

 

特に道具は何もいらず、肉眼で見ることができます。

星座表を見ながら星を探すのもいいですね^^

今はスマートフォンのアプリもあるので便利です。

 

10月の夜は寒いので、防寒対策は忘れずに!

 

スポンサーリンク

オリオン座流星群2019 京都の天気は?

流星群を見るからには、やはり天気が一番気になるところですよね。

現在発表されている京都の天気予報は次のとおりです。

 

<京都市の天気予報>

10月22日(火)0時~6時
天気:雨
気温:17℃
降水確率:70%

 

<京都府北部の天気予報>

10月22日(火)0時~6時
天気:雨
気温:15℃
降水確率:90%

 

<京都府南部の天気予報>

10月22日(火)0時~6時
天気:雨
気温:15℃
降水確率:70%

 

(10月21日08:00発表)

 

わぁ~雨の予報になってしまいました!

でも23日は晴れるので、まだ希望を捨ててはいけません!

 

ちなみに、昨年2018年10月22日の京都の天気は「晴れのち曇」でした。

最高気温24.0℃、最低気温11.1℃。

 

見れますように~!!

 

オリオン座流星群2019 まとめ

2019年の「オリオン座流星群」ピークは10月22日(火)午前8時頃です。

ピーク前後が観察のチャンス!

流星はどの方角にも出現するので、できるだけ暗い場所で観察しましょう。

 

秋の夜に星空を眺めて、お願い事をしてみてはいかがでしょうか^^

 

数年前ですが、いいタイミングで目の前にものすごい大きい流れ星がビュン!って現れたことがあるんです。

今まで見た流星で一番大きかった!

住宅地でも見えるぐらいの流星が出現することもあるので、希望は持てるのかな。

あとは晴れるのを祈るのみですね^^

 

関西地域で星空が綺麗に見える場所をコチラの記事の後半にまとめています。

ぜひご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください