当サイトはプロモーションが含まれています。

おにぎらずの傷みにくい具おすすめランキング6!簡単な作り方や包み方のコツを紹介

お弁当の定番おにぎらずを作るとき、どんな具材が長持ちするか気になりますよね。

特に暑い季節には、食中毒のリスクも気になるところです。

そんな時におすすめなのが、スパムや缶詰、梅干しなどの傷みにくい具材です。

これらは長時間持ち運んでも安心して食べられるんですよ。

この記事では特に傷みにくい6種類の具材をピックアップ。

それぞれの具材を使った簡単で美味しいレシピもご紹介しますね。

スポンサーリンク



おにぎらずの傷みにくい具おすすめランキング6選

おにぎらずに最適なのは、保存が利く缶詰や殺菌効果がある食材です。

これらは、長時間美味しさを保つのに役立ちます。

特に塩分が多い食材は、細菌の増殖を防ぎます。

例えば、味付けがしっかりされたものは傷みにくいです。

一方、汁気のある食材は水分をしっかり切ってから使用するのがコツ。

これにより、おにぎらずが傷むのを防げます。

生の食材は避けるのが無難です。

これらは、傷みやすいのでおにぎらずに使用する際は注意が必要です。

 

さて、おにぎらずにおすすめの具材は以下の通りです。

  • やきとりなどの缶詰
  • 殺菌作用のある食材
  • 味付けが濃い食材
  • しっかり火を通した食材
  • スパムなどの加工食品
  • から揚げなどの冷凍食品

これらの具材を使えば、美味しくて長持ちするおにぎらずが作れますよ♪

1つずつ詳しく説明しますね。

おにぎらずの傷みにくい具①:缶詰

おにぎらずに最適な具材として、加熱殺菌された缶詰の焼き鳥などがおすすめです。

缶詰はすでに調理されており、冷めていてもそのまま使えるので、おにぎらずの作成がとっても簡単♪

さらに缶詰は長期保存が可能で、家庭のストックとしても便利です。

缶詰の焼き鳥は小さくカットされているため食べやすく、おにぎらずに入れるのもラクチンです。

また、しっかりと味付けされているため、ご飯との相性も抜群!

お腹にも満足感を与え、たんぱく質の摂取にも役立つので、健康面でもメリットがありますね。

おにぎらずの傷みにくい具②:殺菌作用のある食材

おにぎらずを作る際、梅干し・しょうが・お酢などの殺菌作用がある食材は、傷みにくくするための選択肢として最適です。

ごはんに梅干しやしょうがを細かく切って混ぜると、全体に殺菌作用が広がり、食品の安全性が向上します。

梅干しを選ぶ際は、はちみつ梅よりも塩分の高いタイプを選ぶと、殺菌効果がより高まりますよ。

また、お酢にも殺菌効果がありますので、ご飯を炊く際に少量混ぜるのが良いでしょう。

お酢の量を控えれば、ご飯に酸味がつくことはほとんどありません。

子供にもやさしい酸味のお酢を使用することで、食の安全性と美味しさの両方を保つことができます。

おにぎらずの傷みにくい具③:味付けが濃い食材

味付けが濃い食材は、その塩分濃度のために食品の腐敗を防ぎやすいとされています。

この特性を活かして、おにぎらずなどのお弁当に使う具材として最適です。

特におすすめの食材は

  • 昆布の佃煮
  • 塩昆布
  • きんぴらごぼう
  • そぼろ
  • 焼肉
  • しょうが焼き
  • プルコギ

などです。

これらは味がしっかりついていて、ご飯との相性もバツグン!

ただし、これらの具材に含まれる水分が多いと傷みやすくなることもあります。

そのため、煮汁がなくなるまでしっかり煮詰めたり、余分な汁気を取り除いたりすることが大切です。

おにぎらずの傷みにくい具④:しっかり加熱された食材

おにぎらずには、しっかり加熱された卵や焼き鮭などがオススメです。

これらは加熱によって傷みにくくなるので、安心して使えます。

例えば加熱した卵はお肉と合わせても美味しいですし、バリエーションも豊かになりますよ。

また、焼き鮭は忙しい朝や、もう一品欲しい時に電子レンジで簡単に温められる便利な食材です。

手軽に調理でき、そのまま美味しく食べられるため、多くの人に支持されています。

おにぎらずの傷みにくい具⑤:加工食品

スパム、ハム、ソーセージ、ちくわなどの加工食品は、しっかり加熱することでおにぎらずの具材として最適です。

加熱することで食品の鮮度が保たれ、おにぎらずを新鮮に保つことができます。

特にスパムはおにぎらずに人気の具材です。

フライパンで軽く焼くことで表面に美味しい焼き色がつき、さらに殺菌効果も期待できます。

他にもベーコンやハムなどの加工食品も、おにぎらずに利用することができますよ。

これらの食材を活用して、バリエーション豊かなおにぎらずを作ってみてはいかがでしょうか。

おにぎらずの傷みにくい具⑥:冷凍食品

おにぎらずの具材として、カツ、唐揚げ、魚のフライなどの冷凍食品は簡単で便利です。

冷凍食品はマイナス18℃以下で保存されており、菌の繁殖を抑えて長期間保存が可能。

最新の冷凍技術により、これらの食品は美味しさと栄養価を保ちながら保存されています。

おにぎらずに使用する際は、解凍してしっかり加熱した後、冷ましてから具材として使用しましょう。

これにより、安全かつ美味しいおにぎらずを楽しむことができますよ。

 

スポンサーリンク



おにぎらずの簡単な作り方と包み方のコツ

おにぎらずを作る際、傷みにくい具材を使って、簡単にパタパタと包む方法をご紹介します。

食べる時の安心感のためにも、具材の選び方は重要です。

衛生面を考慮して、おにぎらずを作ることも忘れずに。

この方法は、子供と一緒に楽しむのにも最適です。

手軽に作れて、親子での料理の時間を楽しむのにぴったりなレシピをこれからお伝えしていきますよ。

おにぎらずの簡単な作り方

おにぎらずは、簡単で楽しいお弁当作りに最適です。

以下の手順で、子供と一緒に楽しんで作ってみましょう。

  1. ラップを準備します。
  2. 海苔の角が上を向くようにラップの上に置きます。
  3. 海苔の中央部分にごはんを四角形になるようにのせる。ごはんの量は食べやすさを考えて調整しましょう。
  4. ごはんの上にお好みの具材をのせ、その上にさらにごはんをのせる。具とごはんのバランスを考えましょう。
  5. 海苔の四隅を中央に向けて折り、パタパタとごはんと具を包み込みます。
  6. ラップでおにぎらずを包み、海苔とごはんがしっかりなじむまで少し置きます。
  7. 海苔がしんなりしたら、ラップごと中央から包丁でカットします。包丁を水で濡らすとキレイに切れますよ。

この流れで作れば見た目も華やかで、子供も喜ぶおにぎらずが簡単にできます。

ぜひ楽しみながら作ってみてくださいね♪

手軽に作れるおにぎらず用アイテム

忙しい朝やお弁当作りに最適な、おにぎらず作りをサポートする便利なアイテムをご紹介します。

おにぎらずCubeBox

おにぎらずCubeBoxは、ごはんがくっつきにくい特殊加工が施されており、簡単におにぎらずを作ることができます。

9種類のアレンジレシピが付いているため、初心者でも安心して使えますよ。

サイズは、大きめのBIGおにぎらずCube Boxと、小さめのおにぎらずCube Boxの2種類。

色は白、赤、ブラウンから選べます。

おにぎらパ

おにぎらパは、作ったおにぎらずをそのまま持ち運べる便利なケースです。

ラップが不要で、手を汚すことなく簡単におにぎらずが作れますよ。

使用後は洗って再利用可能で、衛生的かつ経済的です。

これらのアイテムを使えば、おにぎらず作りがさらに手軽で楽しくなること間違いなしです。

人気のおにぎらずレシピ3選!

手軽でおいしい、おにぎらずの人気レシピを3つピックアップしました。

忙しい朝や子供との料理タイムにもぴったりです。

 

◆スパムと卵のおにぎらず

定番のスパムを使用したおにぎらずです。

卵と合わせることで栄養バランスも良く、満足感のある一品に。

 

◆ツナマヨおにぎらず

シンプルでありながら、ツナとマヨネーズの組み合わせが絶妙なおにぎらず。

手軽に作れて、どなたにも好まれる味わいです。

 

◆豚肉のすき焼きおにぎらず

豚肉をすき焼き風に味付けした具材を使った、少し豪華なおにぎらず。

食べ応えがあり、特別な日のお弁当にも最適です。

 

これらのレシピは、誰でも簡単に作ることができ、忙しい朝の時間にも役立ちます。

お子様と一緒に楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか。

1つずつ詳しく説明しますね。

スパムと卵のおにぎらずの簡単レシピ

おにぎらずの中でも人気のあるスパムと卵を使ったレシピをご紹介します。

シンプルで作りやすく、外出時のお弁当にも最適です。

材料(2人分)
  • ごはん:300g
  • 焼き海苔:2枚
  • スパム:1cm厚さのもの1.5枚
  • 卵:1個

【作り方】

  1. スパムをサッと両面焼きます。
  2. 卵を溶いて、スパム2枚分くらいの大きさになるよう厚めに焼きます。
  3. ラップの上に海苔を広げます。
  4. ごはん、卵、スパム、さらにごはんを順に重ねます。
  5. 海苔の余った部分を上にかぶせて全体を包みます。
  6. ラップでしっかりと包んで、海苔がごはんに馴染むまで置きます。
  7. 海苔がしっかりと馴染んだら、おにぎらずを半分にカットして完成です。

加熱した具材を使用しているので、持ち運び時も傷みにくく、味わいもしっかりと楽しめます。

シンプルながらも、満足感のあるおにぎらずをお楽しみください。

ツナマヨおにぎらずの簡単レシピ

大人から子供まで喜ぶツナマヨおにぎらずの作り方をご紹介します。シーチキンとレタスを使い、傷みにくく美味しい一品に仕上げます。

材料(2人分)
  • ごはん:300g
  • 焼き海苔:2枚
  • シーチキン(ツナ缶):80g(1缶)
  • マヨネーズ:大さじ1
  • 塩:1つまみ
  • レタス:1~2枚

【作り方】

  1. ボウルにシーチキン、マヨネーズ、塩を入れて混ぜ合わせます。
  2. レタスは洗い、水気をしっかりと取り、大きめにちぎります。
  3. ラップの上に海苔を広げます。
  4. ごはんの半量を敷き、レタス、ツナマヨ、残りのごはんの順に重ねます。
  5. 海苔の余った部分でごはんと具を包みます。
  6. ラップでしっかりと巻いて、海苔がごはんに馴染むまで待ちます。
  7. 海苔が馴染んだら、おにぎらずを半分にカットして完成です。

シーチキンの汁気をしっかり切ることで傷みにくく、見た目も美しいおにぎらずが作れますよ。

お弁当やピクニックなど、様々なシーンで活躍するレシピです。

すき焼きおにぎらずの簡単レシピ

豚肉を使ったおにぎらずのレシピをご紹介します。

このレシピの豚肉は、こま肉や牛肉に変えても同様に美味しく作れますよ。

材料(2人分)
  • ごはん:300g
  • 焼き海苔:2枚
  • 豚肉(しょうが焼き用):適量
  • レタス:1〜2枚
  • マヨネーズ:適量
  • すき焼きのタレ:大さじ2

【作り方】

  1. 豚肉を焼き、すき焼きのタレで味付けをします。水分をしっかり飛ばすことがポイント。
  2. ラップの上に海苔を広げ、その上に次の順番で具材を重ねます。ごはん → レタス → 豚肉 → マヨネーズ → レタス → ごはん。
  3. 海苔の余った部分を中央にかぶせ、ラップで包みます。
  4. 海苔がごはんに馴染んだら、半分に切って完成です。

このおにぎらずは、ボリュームがありながらも持ち運びやすく、栄養もバランス良く取れるのでおすすめです。

 

楽天レシピではこの他にもキンパやオムライス風など、おにぎらずの人気レシピがランキング順に見られますよ♪

>>>おにぎらずの人気レシピ一覧を楽天レシピで見る

安全なおにぎらずの持ち運び方法

おにぎらずをお弁当として持ち運ぶ際は、食中毒のリスクを考慮することが重要です。

そのため、保冷バッグや保冷剤の使用を強く推奨します。

食中毒の発生原因は、主に気温や湿度に密接に関連しています。

これらの環境要因に注意を払いつつ、おにぎらずの具材選びや保存方法についても留意しましょう。

次に、安全におにぎらずを楽しむためのポイントを詳しく解説していきます。

  • 保冷バッグや保冷剤の利用:温度が上がることによる細菌の増殖を抑制します。
  • 具材の選択:生ものや傷みやすい食材は避け、加熱したものを選ぶのが良いです。
  • 気温や湿度への対策:高温多湿の環境は細菌の増殖を促すため、できるだけ涼しい場所に保存しましょう。

これらのポイントに注意を払いながら、安全かつ美味しいおにぎらずをお楽しみください。

1つずつ詳しく説明しますね。

気温と湿度に注意

食中毒を防ぐために特に注意すべきは、気温と湿度です。

特に、30~40℃の高温環境は食中毒のリスクを高めます。

おにぎらずを作る際は、以下の点に注意してください。

水分の管理

おにぎらずの水分をしっかり飛ばすことが重要です。

これにより、食中毒の原因となる菌の増殖を抑制できます。

傷みにくい具材の選択

傷みにくい具材を使用して、おにぎらずを安全に楽しむことができます。

保冷方法

職場や外出先での保管:保冷バッグや保冷剤を活用し、おにぎらずを冷やして持ち運びましょう。

冷蔵庫の使用も効果的です。

車内での保管:クーラーボックスや冷凍したペットボトルを使用すると良いです。

早めの消費:保冷剤を使用しても食中毒を完全に防ぐことはできないため、できるだけ早く食べることを心がけましょう。

保冷バッグの選択:おにぎらずやお弁当のサイズに合わせた保冷バッグを選ぶことも大切です。

これらのポイントを守ることで、楽しく安全なお弁当タイムを過ごすことができます。

安心して美味しいおにぎらずをお楽しみくださいね。

湿度管理と食中毒予防

おにぎらずを安全に楽しむためには、湿度管理が重要です。

具材とごはんは、おにぎらずに入れる前に必ず冷ましましょう。

ごはんと具材の冷却

温かい状態で蓋をすると、水滴が発生し、それが細菌の増殖につながり食中毒のリスクを高めます。

具材からの水分も細菌の繁殖に影響を与えるため、水分はしっかり取り除きましょう。

ごはんの冷却方法

平らなお皿やバットに広げて、扇風機やうちわで冷ますのがおすすめです。

ただし、ごはんが乾燥しすぎないように注意してください。

これらのポイントを守ることで、おにぎらずが傷みにくくなり、安全に楽しめます。

美味しいおにぎらずのタイムを楽しんでくださいね。

注意が必要な具材

おにぎらずを持ち運ぶ際は、特に食中毒に気をつける必要があります。

すぐに食べる場合は問題ありませんが、気温が高い場所での持ち運びや、時間を置いてから食べる場合は注意が必要です。

以下の具材は特に傷みやすく、食中毒の原因になる可能性があるため、慎重に扱うことが重要です。

  • 生野菜:レタスなどの生野菜は水分が出やすく、傷みの原因になります。
  • 生もの:生たらこ、めんたいこ、半熟卵など加熱されていない具材も注意が必要です。
  • 水分の多いもの:水分が多い具材は食中毒のリスクを高めます。
  • マヨネーズで味付けしたもの:マヨネーズを使った具材も傷みやすいため注意が必要です。

具材を使用する際は、しっかり火を通すことが大切です。

また、味付けが濃いおかずでも水分が多いと問題になるため、水分を十分に飛ばしてから使用しましょう。

これらの注意点を守ることで、安全におにぎらずを楽しむことができます。

まとめ

おにぎらずを美味しく楽しむためのポイントは、傷みにくい具材の選択と衛生的な作り方です。

  • 缶詰の具
  • 殺菌作用のある食材
  • 味付けが濃い食材
  • しっかり火を通した食材
  • 加工食品
  • 冷凍食品

などが人気ですよ。

生もの・生野菜・水分の多い食材は避けることで、傷みのリスクを減らせます。

保冷バッグや保冷剤、抗菌グッズを活用して持ち運び中も品質を保ち、できるだけ早めに食べましょう。

おにぎらずは具材の組み合わせでさまざまに楽しむことができ、お弁当やパーティ、おもてなしにもピッタリ。

傷みにくい具を複数使用して、楽しくおいしいおにぎらずを作ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: