当サイトはプロモーションが含まれています。

ディズニーへリュックで行くのは危ない?邪魔にならない対策と注意点を解説

ディズニーランドやディズニーシーへのお出かけには、荷物の扱いに注意が必要です。

リュックを使う際に心配なのは、うっかりフタやファスナーが開いたままになってしまい、中身が見えたり落ちたりすること。

それにリュックを背負うと背中側が見えにくく、スリや盗難のリスクも心配ですよね。

そこで安全かつ便利な対策を紹介します。

また、ディズニーパークでのリュック使用において、アトラクションを楽しむときの対策や注意点について詳しく説明しますね。

スポンサーリンク



ディズニーへはリュックとショルダーバッグの二個持ちスタイルがおすすめ

ディズニーランドでの快適な過ごし方として、リュックとショルダーバッグの組み合わせが非常に便利です。

貴重品や小物は手軽に取り出せるショルダーバッグに、一方で重いものやかさばる物はリュックに入れると荷物管理がラクになりますよ。

実際に私たちの家族もディズニー訪問時はこの2個持ちスタイルを採用しています。

パーク内にはコインロッカーもありますが、たびたびロッカーまで戻るのは時間と労力のムダなんですよね・・・

リュックがあれば両手が空くためショッピングや子供の面倒をみやすいです。

ペットボトルやお土産、上着などをまとめて入れられるので非常に便利ですよ♪

 

しかし、リュックには貴重品を入れることに不安があります。

また、頻繁にリュックを下ろして財布やスマホを取り出すのはめんどくさいんですよね。

そこで、ディズニーパークでは斜めがけできるバッグを別に持参するのがおすすめ。

これには財布やスマホ、ハンカチやティッシュを入れておくと、トイレなどでもスムーズに対応できます。

 

お財布ショルダーやスマホポーチ、サコッシュなど、さまざまな種類のショルダーバッグがありますよ^^

サイズやカラー、デザインを選んで、ディズニーでの楽しい一日をより快適に過ごしましょう。

ディズニーでリュックが邪魔にならない対策と注意点

リュックを持ってディズニーランドへ行く場合、リュックが邪魔にならないかということも気になりますよね。

リュックが大きすぎると乗り物の座席に置くのが難しくなることもありますし、列での待ち時間中に周囲に迷惑をかける可能性も・・・

 

具体的な対策としては

  • リュックをコンパクトなものにする
  • 必要最低限の荷物だけを持っていく
  • ポケットが多いウエストバッグや小さめのショルダーバッグを利用する

などがあります。

これらの方法を取り入れることで、ディズニーパークでの一日をより快適に楽しむことができるでしょう。

ディズニーパークでアトラクションを楽しむ際、リュックを持っていく場合の対処法は重要です。

ディズニーパークでリュックを持つ際の注意点

ディズニーパーク内は人で賑わっていますが、満員電車のような極端な混雑状態ではないため、リュックを背負っていても問題はありません。

ただし、列に並んでいる際や混雑しているエリアでは、後ろの人にリュックがぶつからないように気をつけることが大切です。

混雑時や列にいるときには、リュックを前に抱える「前掛けスタイル」を採用することで、他のゲストに迷惑をかけず、より安心してパークを楽しむことができますよ。

ディズニーパークのアトラクションでの荷物対応

ディズニーパークのアトラクションでは、一般的にアトラクション専用の荷物預かり所やコインロッカーは設けられていません。

しかし例外的に「レイジングスピリッツ」というジェットコースターでは、360度回転する特性上、荷物を安全に保管するためのコインロッカーが用意されています。

アトラクションによっては特別な荷物対策が施されている場合もありますので、訪問前に情報を確認することがおすすめです

ディズニーパークのアトラクションでの荷物飛散注意

ディズニーでは、アトラクションに乗るときはリュックを背負ったまま乗ることはできません。

キャスト(スタッフ)からも、ショルダーバッグを含めバッグ類は外すように指示されることが一般的です。

多くのアトラクションでは、乗り物の前方に荷物を入れるためのネットやスペースがあるので、ここにバッグを入れることができます。

しかしリュックのような大きな荷物の場合は、足元に置きましょう。

アトラクションの足元のスペースは、一般的なサイズのリュックなら問題なく置けますよ。

リュックを足元に置く際の注意点としては、リュックが動かないようにするため、両足でしっかりと固定することが大切です。

アトラクションは安全バーで人は固定されますが、足元の荷物は固定されません。

実際にジェットコースターや落下型アトラクションでは、ぬいぐるみやポップコーンなどが吹き飛んでしまう事例もあります。

そのため動きが激しいアトラクションでは特に、荷物が振り落とされないよう十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク



ディズニーパークでのリュック対応と荷物管理のコツ

ディズニーランドやディズニーシーへリュックで訪れる場合、「バッグの2個持ち」がおすすめです。

この方法では、貴重品の安全な管理と荷物の整理がスムーズに行えますよ。

アトラクション利用時には、リュックなどの大きな荷物は足元に置く必要があります。

特に落下系やジェットコースター系のアトラクションでは、荷物が落ちたり飛び出すリスクがあるため、両足でしっかりと固定しておくことが重要。

このような対策をとることで、楽しみながらも安全にパーク内を移動することができますよ。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: